« ETC弱者の憂鬱 | トップページ | 決意表明、ふたたび »

飲みニケ-ションの幻想

6月27日(木)

学生たちとお酒を飲まなくなったのは、いつからだろう。

もちろん、職場の公式行事でそういう場に参加はしているが、しかし以前のように、そこで会話がはずむということはなくなった。

私の記憶では、数年前までは、学生たちと飲みに行ったりすることがあったが、今ではほとんど、というか、全くない。

だんだん世代差が開いてきて、お酒の席で何を話していいのか、わからなくなったことも理由の一つであろう。

何より、酒の席で不用意な発言をして、学生を傷つけてしまうようなことがあってはならない。

最近は、心を許した人と飲むお酒が、いちばん美味しいのだ、ということがわかってきた。

人は、お酒を飲むから親しくなるのではない。親しいからお酒を飲むのだ。

その証拠に、社会人なら誰しも経験しているように、会社の上司とお酒を飲むことほど、苦痛なことはない。

少し前ならば、学生たちと飲むことが、学生たちとの距離を縮めることだ、と、あまり疑わずに考えていたような気がする。

だが今は、お酒を飲むことが距離を縮めることとは限らない、と思うようになった。それは、私と学生との間に、権力関係が存在していることを、強く意識し始めたからかもしれない。

だから、兄貴分面をしてやたら学生たちと飲みたがる大人を、私はあまり信じない。

お酒を飲むことで距離が縮まる、と考えることは、幻想なのだ。

お酒を飲むことで距離が縮まるわけではない。だがその代わり、距離が近い人と飲むお酒は、とても美味しい。

お酒とは、そういうものであると思う。

では、私は最近の学生からはまったく遠ざかってしまったのか?

いや、そうではない。

仕事部屋に学生が相談に来たり、話しに来たりすることが、たまにある。

今日も夕方、仕事部屋に学生がやって来た。

「先生、日本に戻ってきました」

4年生のNさんである。半年の海外留学を終えて、帰国したのだ。Nさんは、私の指導学生ではないが、私の授業を1つ2つとったことのある学生で、よく話をしに来てくれた。

その姿は元気そうで、表情は晴れ晴れしていた。

「どうだった?」

「留学できて、とてもよかったです。…先生のおっしゃったこと、やっぱり当たってました」

「何のこと?」

「語学力は、3カ月目くらいに突然上達するって話です」

「そうそう、たしかそんなこと言ったっけねえ」

「最初は、周りの人たちの話している言葉が、全然わからなかったんです。でも3カ月くらい経ったときに、ふと、『あれ、私、ちゃんとコミュニケーションとれてるじゃん』と。そのとき、先生がおっしゃったことを思い出したんです」

留学前にそんな話をNさんにしたことを、思い出した。

「これから就職活動です」とNさん。「でも、自分で何をやりたいのか、まだはっきりとわからなくて…」Nさんは、少し不安そうである。

「留学先から帰国したあと、自分の心の中を整理するのには、時間がかかるものだよ」と私。現に私自身がそうだった。

「そりゃあ、周りの人は、『留学したんだから、早く成果を出せ』みたいなことを言うかもしれない。でも、そんな簡単なものじゃないと思うんだよ。じわじわと時間をかけて、その時の体験が自分のものになっていったときに、初めて自分のやりたいことが見つかるんじゃないだろうか」これは私の本音だった。

「そういうものですか」

「そういうものです」

「なんか、それを聞いて少しホッとしました」

「だって、留学して、よかったんでしょう?」

「はい、私にとって、一生の思い出です」

Nさんは「また来ます」と言って、帰っていった。

お酒を飲みながら話すよりも、学生たちの思考の深い部分を知ることができる方法は、いくらでもあるのではないだろうか。最近、そんなことを思う。

もちろん、そう思うこと自体、私の幻想かもしれない。

だがこのことだけは確実に言える。

「飲みニケ-ション」は幻想である、と。

|

« ETC弱者の憂鬱 | トップページ | 決意表明、ふたたび »

職場の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ETC弱者の憂鬱 | トップページ | 決意表明、ふたたび »