« k田君とFさん | トップページ | 田所博士は実在するか »

UTAU

大貫妙子・坂本龍一のアルバム「UTAU」を聴く。

Utau坂本龍一がピアノを演奏し、大貫妙子が歌う。

私にとっては、理想の組み合わせである。

80年代、坂本龍一は、大貫妙子の歌の編曲を数多く担当していた。

何度も書くように、このころの坂本龍一の編曲は、神がかっているほど、すばらしい。

完璧、としかいいようのない編曲である。

坂本が、いかに大貫の歌に惚れ込んでいたかがわかる。

私の記憶では、そのあとしばらくの間、二人は一緒に仕事をしなくなり、それぞれの世界で、活躍していた。

そしてまた最近、久しぶりに一緒に仕事をはじめたということなのだろう。

その距離感がすばらしい。

久しぶりに聴いた二人の音楽もまた、すばらしい。

このアルバムに対する坂本龍一の力の入れよう、心の込め方は、尋常ではない。

やはり坂本は、大貫の歌に、心底惚れ込んでいるのである。

アルバムの最後の曲は、大貫妙子の昔の名曲「風の道」である。

インターネットの動画サイトに、このアルバムが出たあとに行われたライブの映像を見つけた。

アンコール曲は「風の道」だった。

曲に入る前、坂本龍一が大貫妙子に言う。

「ちなみにこのオリジナル曲も、僕のアレンジではありませんでしたよね」

「そうです」大貫妙子が苦笑する。

「根に持つタイプなんで…」と坂本。

会場が笑いに包まれる。

「よかったです。今回一緒にできて。ありがとうございます」と大貫。

やれやれ、また始まった、という表情で、大貫妙子は坂本の「いじけたような冗談」に応える。

そしておもむろに、坂本がピアノを弾き始め、曲が始まる。もちろん今回は、坂本によるアレンジである。

そうか、「風の道」は、もともと坂本龍一の編曲ではなかったのか。

この会話の中に、「風の道」を自分が編曲できなかったことに対する嫉妬や、「俺なら、この曲の良さをもっと引き出せたのに」という自信が、見え隠れする。

中高生のころ、坂本龍一のFM番組「サウンドストリート」を毎週聴いていたが、そこでの語りから、坂本龍一が「根に持つタイプ」であることは、十分にうかがい知ることができた。だからこれは、たぶん本音なのである。

そして今回、このアルバムで、坂本のアレンジによる「風の道」が収録されたのは、坂本の宿願だったのかもしれない。

私はこの、坂本龍一の「器(うつわ)の小ささ」が、大好きなのである。

「世界のサカモト」も、私と同じように、根に持ったり、嫉妬したりする、「器の小さい人間」であるということに、私は共感していたのである。

|

« k田君とFさん | トップページ | 田所博士は実在するか »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« k田君とFさん | トップページ | 田所博士は実在するか »