« 心を込めて準備中 | トップページ | チャーハンの味 »

感想の感性

7月22日(月)

月曜日の授業では、学生が、大人には絶対に書けないような感想を書いてくれるときがある。

今日、冒頭で傘の話をした。

「これだけ科学が発達しても、傘だけは進歩しないですよねえ。むかしっから同じ形だし、すぐに壊れるし、傘をさしていても、まったく雨に濡れない、というわけでもなく、足もとが濡れたりするでしょう。もちろん、素材が軽くなった、という方向への進化はあったのだろうけど、人間が宇宙に行く時代なのに、傘だけは、全然進歩していないとは思いませんか」

するとある学生が、感想にこんなことを書いた。

「授業の冒頭で話された、科学の進歩と傘と宇宙の話。あれって、ヒカルの碁でも出てくる会話ですよね。先生もヒカルの碁、読んでいるんですね」

はて、心当たりがない。

『ヒカルの碁』という漫画があることくらいは知っていたが、読んだことは一度もない。

念のため調べてみると、『ヒカルの碁』はテレビアニメとしても放送されていたようで、そのときのセリフを文字に起こしているらしきサイトを見つけた。「第八局 雨の中の策略」という回のセリフらしい。

「佐為:古(いにしえ)のころより、碁盤も碁石も変わりませんが、ヒカル、この傘も千年前と変わりませんね。

ヒカル:そうだよ。ちっともかわんねえな、傘って。雨を完全に遮断できるわけじゃないし、足元だってぐちゃぐちゃだし。手に持ってるってのも不便だし。たくな!

佐為:え。

ヒカル:人間が月に行く時代に傘だぜ傘」

うーん。たしかに、今日私が言ったことと同じことを言っている。

ま、誰でも思いつくこと、ということなんだろうな。

もうひとつ、こんな感想もあった。

「かっこよく負けられる人になりたいです。

なんで現代人って、負けを認められないんでしょうね。

ところで高校の歴史の先生が言っていたのですが、点数をXとして最終的な評価を10√Xで出すという計算方法って、素敵だと思いませんか。

もう少しでこの授業も終わりだと思うと寂しいです」

気になったのは、「点数をXとして最終的な評価を10√Xで出すという計算方法って、素敵だと思いませんか」の部分である。

これは、どういうことなのだろう?

こういう点数の計算方法って、よく行われているものなのか?

そもそも、なぜこんなことを感想欄に書いたのだろう?

気になって仕方がない。

いずれにしても、この文章全体が醸し出す感性は、大人には絶対にまねできないのではないか、と思う。

|

« 心を込めて準備中 | トップページ | チャーハンの味 »

職場の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 心を込めて準備中 | トップページ | チャーハンの味 »