« 抱腹絶倒、拍手喝采!その2 | トップページ | 夏休み特別企画2 刑事ドラマエンディング傑作選 »

夏休み特別企画1 刑事ドラマメインテーマ傑作選

暑いですねえ。

夏休み恒例の、音楽特集です。

昨年は、キム・グァンソク特集でしたが、今年は、「70年代刑事ドラマ特集」です!

刑事ドラマのメインテーマには、名曲がとても多いです。その中でも、私の好きな曲を選りすぐってお届けします。

これを聴いて、暑い夏を乗り越えてください!

まず最初は、石原プロ制作の刑事ドラマ「大都会」シリーズ(日本テレビ系列)からお送りいたします。

「大都会」、名作でしたなあ。

私はPARTⅡから見はじめたと記憶していますが、オープニングの曲がめちゃくちゃかっこよかった。

PARTⅡとPARTⅢでは、メインテーマが異なりますが、個人的には、PARTⅢのメインテーマの方が好きです。トランペットの高い音色が、とてもすがすがしいです。

たぶん子供のころ、このメインテーマを聴いて、ホーンセクションのよさに目覚め、後に吹奏楽を始めるようになったのではないか、と思います。

では、2曲続けてお聞きください。

なお、石原プロは、このあと「西部警察」(テレビ朝日系列)を制作します。こちらのメインテーマもなかなかよいのですが、ドラマ自体が、「ちょっとやりすぎだなあ」という印象があって、私自身は今ひとつのめり込めませんでした。なので今回は割愛します。

続いて、私がいちばん好きな刑事ドラマ「特捜最前線」(テレビ朝日系列)のメインテーマです。

このドラマの音楽担当は、私が大好きな木下忠司。有名なところでは、「水戸黄門」の音楽も担当していますね。木下忠司の音楽には、哀愁があります。小学生のころ、このメインテーマを脳内で再生しながら、自分が刑事になったつもりで、思いっきり自転車をこいだものです。バカですねえ。

そして最後は、ご存じ!「Gメン75」のテーマです!

このメインテーマもすばらしい!

作曲は、菊池俊輔!テレビドラマの劇伴といえば、菊池俊輔です!

いかがでしたか?どの曲も、聴いているだけで、元気が出てくるでしょう。

明日は、「刑事ドラマエンディング傑作選」です!

|

« 抱腹絶倒、拍手喝采!その2 | トップページ | 夏休み特別企画2 刑事ドラマエンディング傑作選 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

暑いですねえ。

さて、コメント欄も音楽特集で行きますが、刑事物のテーマ曲といえば、どうしても頭に浮かんでくるのが「アダム・トウェルブ」(Adam-12)ですねえ。

「テレ東」というか「東京12チャンネル」でやってたとばかり思っていましたが、ウィキペデアによるとフジテレビで放映のようですね。

印象的な、フロントガラス越しのパトカー運転席の警官ツーショットや、無線を受けてのパトカー急行シーンに、勇壮なテーマ曲が重なって、子供心にすっかりアクション物だと思っていましたが、見直してみると全然そうではありません。

たとえは「クリスマス」の回なんかでは、家の外でバグパイプを吹くおじいちゃんへの近所からの苦情通報、ガス欠になった車の怪しい運転手など、パトカー「アダム12」号に乗車勤務する2人の警官が経験する、日常の細々としたエピソードをつないだ人情劇だったわけです。

アメリカなのですぐ腰のピストルを抜いて構えてはいますが、別に血が流れることもなく、容疑者はすぐに捕まっちゃうし、平和そのもの。

この回では珍しく、銃撃戦とかも出てきますけど、最後に各エピソードの伏線が回収されるクリスマスらしいイイ話になっています。(そう言う訳なら、家の中ではバグパイプの練習はできないよね、おじいちゃん)。

昔テレビで見たように、吹き替え版でご覧頂きたいところ、英語音声の動画しかなくて済みませんが、よい子の読者の皆さんも「八月のクリスマス」で、しばしお涼み下さい。

Adam-12 7x11 - Christmas
http://www.youtube.com/watch?v=Fzpa5emToQc

投稿: アダムこぶぎ、ラージャー | 2013年8月15日 (木) 14時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 抱腹絶倒、拍手喝采!その2 | トップページ | 夏休み特別企画2 刑事ドラマエンディング傑作選 »