« 2つのひまわり | トップページ | しばらく旅に出ます »

職人・芸術家・評論家

8月23日(金)

午前中、ちょっとした打ち合わせが入り、ある職人さんとお話をする。その道何十年という、老練な職人さんである。

いつも思うことだが、職人さんの話を聞くのは、とても面白い。

たぶん職人さんの話が面白いのは、経験をふまえて考え、それを理論化していくという過程が、聞いていて面白いからなんだろうな。

さまざまな条件に合わせながらも、プロとして対応していく姿勢、というのも、見ていてすばらしいのだ。

私自身は、手に職を持っているわけでもないし、むしろ不器用な人間である。

私の祖父は大工をしていたが、私が3歳の時に亡くなったので、祖父の記憶はあまりない。

父は、小さな会社のサラリーマンだった。大工になるつもりはなかったらしい。

だから、祖父が大工だったといっても、私にはほとんど関係のない世界だった。

中学1年のとき、「技術家庭」という授業で、木の「おぼん」を作る、という課題が出たのだが、どういうわけか成績は五段階評価の「1」だった。

「大工の孫なのにねえ」と、親に呆れられたものだ。

だが、職人に対する憧れは、ずっと持ち続けていたのである。

…と、つらつらと考えていて、すごいことに気づいた。昨日に続く大発見である。

人間のタイプは、3種類に分かれるのではないだろうか。

「職人」と「芸術家」と「評論家」である。

どんな人間も、この3つのタイプに分類されるのだ。もちろん、比喩的な意味で、である。

自分の同業者を、思い返してみればよい。あるいは、私の職場を見渡しても、そうである。

どんな職業でも、職人肌の人、芸術家肌の人、そして評論家然とした人に分かれるのではないだろうか。

私がめざすのは職人。無理なのは芸術家。なりたくないのは評論家。

でも、この三者の中で、圧倒的に多く、かつ、いちばん目立つのが、評論家なのである。

目立ちたがるのも、評論家である。

そんな評論家たちが、わが世の春を謳歌している様子を横目で見ながら、地道に少しずつ、前に進んでいこう。

|

« 2つのひまわり | トップページ | しばらく旅に出ます »

職場の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2つのひまわり | トップページ | しばらく旅に出ます »