« 15年ぶりのクラス会 | トップページ | 15年ぶりのクラス会・幻の地酒 »

15年ぶりのクラス会・ひねくれ篇

9月14日(土)

ではクラス会が楽しかったのか、というと、実のところ、よくわからない。

クラスの中心にいたのは、テニス部とかバスケ部とかサッカー部とか、体育会系の部活に所属していた人たちで、今回のクラス会も、体育会系の仲のいい男女のグループにより企画された。

私のところにクラス会の誘いが来たのは、たまたま私の職場のメールアドレスが公開されていたからにすぎない。

フェイスブックをたよりに連絡がついた、という人もいたそうだ。

高校時代、ネクラな文化系少年だった私は、体育会系のさわやかグループを横目で見ながら、ひたすら目立たないようにしていた。むかしから、体育会系のクラスメートには、コンプレックスを感じていたのである。

私はおとなしくて勉強ばかりしているうえに、たまに口を開けば、理屈っぽいことばかり言うので、クラスの間では、まあどちらかといえば、避けられていたのだろう。

クラス会に来た人たちは、みんな楽しく、いい人ばかりだった。

だがクラス会に来られる人たちというのは、それなりに世間的に成功している人ばかりなのである、ということに気づいた。

だから、こういう場でも、わきまえている人ばかりだった。

しかし、と、ひねくれ者の私は思う。

高校時代のクラスメートとしてではなく、社会に出てから、社会人として彼らに会ったとしたら、楽しく話ができただろうか、と。

おそらく、まったく話が合わない人たちばかりなんじゃないだろうか。

…そんなひねくれたことを漠然と考えていたら、コジマが、

「高校のときの卒業アルバムの集合写真、見る?」

と、みんなの前でiPadをとりだした。

コジマは、大学卒業後、某国営放送につとめている。

昔からカメラが趣味で、この日も、高性能の一眼レフのデジタルカメラを首からぶらさげて、バシバシと写真を撮りまくっていた。さしずめ本日の写真係である。

iPadをのぞくと、高3のときの集合写真が映しだされていた。

「これ、どうしたの?」

「今朝、このカメラで、卒業アルバムの集合写真の部分を撮ったんだ。このカメラには通信機能がついていて、撮った写真をWiFiでiPadに送ることができるんだ」

すごい時代になったものだ。

「でも顔が小さくて、よくわかんねえな。老眼もはじまってるし」

「拡大すればいいじゃん」

そうか、iPadの画面上を指で押し広げるような仕草をすれば、画面の中の写真は拡大するわけか。

…どうもiPadにはご縁がないもんで、と、またひねくれだした。

「みんな若いねえ」

女子は軒並み「聖子ちゃんカット」で、ピースサインを額に近づけて、「敬礼」みたいな格好で写っている。当時流行っていたのかな。

男子は軒並み、「たのきんトリオ」みたいな髪型だった。

写真の中のコジマはジージャンを着ていた。当時彼は、色白でほっそりした二枚目だった。

「そういえば、コジマといえば、ジージャンだったな。毎日ジージャン着てたよな」

「うちの高校、制服がなくて服装が自由だっただろ。でも、毎日の服装を考えるのが面倒くさくって、いつもジージャンにしていただけなんだ。まあ制服みたいなもんだ。自由を謳歌するって、大変なことなんだ、ということを、思い知らされたよ」

「でもコジマといえば、やっぱりジージャンだよ。コジマの専売特許だよな」

「高校のころ、俺、群れるの嫌いだっただろ。そういうせいもあったかもしれない」

思い出した。コジマは、テニス部に所属してはいたが、体育会系でもめずらしく「孤高の人」という感じだった。当時は話しかけづらい雰囲気もあった。

しかしいまでは、持ち前の好奇心で誰にでもまんべんなく話しかけ、写真係として動きまわっている。職業柄なのか、それはさながらインタビュー取材のようでもある。

「いまはジージャンは着ないの?」

「もう10年以上も着てないぜ。いまはもっぱらポロシャツさ」

かつての色白の美少年は、口ひげを生やした年相応のオッサンである。

「写真をフェイスブックにアップするからさあ、みんな見てよ」

もう、フェイスブックとかiPadとかスマホとかが、あたりまえの時代か。

身のまわりの同世代の人たちに、あっという間に広まりつつあるんだな。

これを機に、フェイスブックをはじめようかとも、一瞬考えたが、まだふんぎりがつかない。

(この「置いてきぼり感」は、高校時代と変わらないなあ)

と、またひねくれだした。

|

« 15年ぶりのクラス会 | トップページ | 15年ぶりのクラス会・幻の地酒 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

クラス会にて。

「じゃ、今日の写真、フェイスブックにあげとくからさ」

「ねえ、ゴルゴはフェイスブックやってないの?」

「まあ、ブログは少々・・・」

「なーんだ、じゃあ、このiPadは4G対応だからさあ、すぐに見られるよ」

「えー、どんなこと書いてるの? 見たい見たい」

「でも、大したことないから・・」

「またまたぁ~。きっと、昔の映画やドラマの濃い話とか書いてるんじゃないの?」

「ねぇ、なんてタイトルなの? 教えてよ」

「そうだよ。そんなにもったいつけずにさー。iPadで検索するから言ってみ」

「か・・・」

「えっ?」

「か・・・かおとーく。」

投稿: 言えずのこぶぎ | 2013年9月15日 (日) 19時35分

A「おまえはいいよなあ。いまでも好きな研究やってるんだろう?」

僕「え?う、うん…まあね」

A「俺なんかさあ、数年前に○○大学の附属病院の立ち上げを任されちゃって、最近ようやく軌道に乗って、いま部長やってるんだけど、こんどは教授選があるし、アタマが痛いよ。研究どころではないよ」

僕「それはタイヘンだね」

B「俺なんか私立だろう?この前、権力闘争の末に、放漫経営をしていた理事一族を一掃したら、こんどは俺が理事をやらされることになったんだよ。研究どころではないよ。すっかり経営者だよ」

僕「あ…そう…。それもタイヘンだね」

AB「お前は、何か役職に就いてないの?」

僕「いや、…俺は別に…ヒラ社員だし…」

AB「うらやましいよ」

僕「……」

…くだらないブログを続けているなんて、誰にも言えませんでしたとさ。

投稿: onigawaragonzou | 2013年9月15日 (日) 23時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 15年ぶりのクラス会 | トップページ | 15年ぶりのクラス会・幻の地酒 »