« 斧を持つのが世界一絵になる男 | トップページ | いかピー »

原点はタニシ

9月4日(水)

例によって、自分は愚鈍だなあ、と感じる旅。

なーんか、わかったようなふりをしているけど、実は何一つわかっていないんじゃないか俺は、と、軽く死にたくなる。いや、「軽く」じゃないなあ。

ま、こういうことはよくあることである。誰にも理解されることはないけれど。

「会食」のあと、久しぶりに、3次会までおつきあいする。屋台みたいな店である。

3次会では、「コルベイン」という料理が出てきた。タニシのことだという。

「タニシ」と聞いて、ボスが思い出したように言った。

「子どものころ、俺はタニシを見つけるのがうまかったんだ。田んぼでタニシを見つけておじいさんのところに持っていったら、えらく褒められてなあ」

「そうですか。どうやって見つけたんです?」

「タニシは田んぼの真ん中で、小さな穴を掘ってそこで越冬するんだ。その穴を見つけるのがうまかった」

「なるほど」

「まるでいまの俺の仕事みたいだろう?小さなものを見のがさずに、見つけ出すって」

そう言われればそうだ。ボスは、ずっとそうやって仕事をしてきたのだ。

私は思わず言った。

「先生の原点は、タニシだったんですね」

ボスは笑いながら答えた。

「そうだな。俺の原点は、タニシだな」

ナンダカワカラナイが、自分の愚鈍さに死にたくなるくらい落ち込んでいると、こんな何でもない会話に少しだけ救われることがある。

|

« 斧を持つのが世界一絵になる男 | トップページ | いかピー »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 斧を持つのが世界一絵になる男 | トップページ | いかピー »