« 芋煮会運を取り戻す! | トップページ | 八甲田山 »

真夜中の電話

9月27日(金)深夜1時半。正確には、9月28日(土)午前1時半。

明けて28日のW大学での発表の準備をしていると、携帯電話が鳴った。

(誰だ?こんな遅くに…)

携帯電話にかけてきた人の名前を見ると、大学時代、「山中の調査」でお世話になった、酒豪のNさんであった。私が大学1年の時、大学院の博士課程1年だったので、先輩である。見た目は華奢な女性なのだが、飲み出すと止まらなくなる。

酔っ払うと、ほうぼうに電話をかけるとは聞いていたが、私のところにかかってきたのははじめてである。とうとう私も被害者になるのか。

「もしもし」

「ひさしぶり~」

「いま、飲んでるんですね」

「ごめん、寝てた?」ふつう、寝ている時間である。

「いえ、起きてましたよ。…まわりが騒がしいですね」どうやら宴会をしているらしい。

しかし、深夜1時半まで飲んでいるとは…。

「いま、別の人に代わるね」

別の人って、誰だ?

「もしもし、ミーシャですか?」男性の声である。

ミーシャ、という言葉で思い出した。大学時代、熊に似ている私を「ミーシャ」と呼んでいた人が1人だけいた。1年上の先輩のSさんである。

「わかりますよ。Sさんでしょう。久しぶりです」

「久しぶりだなあ。何年ぶりだ?」

「10年以上はたってます」

ここまで会話して、なんとなく状況がつかめてきた。NさんもSさんも、大学時代「山中の調査」で一緒だった先輩である。学年の序列からいえば、

Nさん>>>>>>Sさん>私

といった感じ。

しかも、NさんとSさんは、いま、おなじS県で勤務しているのだ。NさんはSさんと再会して嬉しくなって、それで私のところに電話をかけてきたんだろう。

「今日、仕事でNさんと久々に一緒になってねえ。旅館で飲んでるんだが、なかなか解放されないんだ」

「ほかにもいらっしゃるんですか?」電話の向こうで笑い声が聞こえる。

「うん。県職員さんと、うちの同僚の2人」

全部で4人らしいが、あとの2人は、誰だかわからない。

「おい、お前からもNさんを叱ってやってくれよ。いいかげん、大人になったのに、酔って電話したりするのはやめろと」

たしかに、夜中の1時半に電話をかけてくるのは、ふつうは非常識である。

しかし、後輩の私が叱るわけにはいかない。

しばしSさんと話したあと、

「Nさんに代わるよ」と、電話はNさんのもとへ。

「S君と久しぶりに喋って、懐かしかったでしょう?」

「ええ、まあ」

「…ということは、私もいいことをしたってことね」

ただ、深夜1時半ですけど!

「じゃあ次の人!」

今度は誰だ???

「もしもし」

「もしもし、はじめまして。私、県職員の○○と申します。夜分遅くに、たいへん申し訳ありません」

「いえ、そんなことありません」

…まったくの知らない人である。先方の県職員さんにしたって、わけもわからず電話を代わらされて、何を話していいかわからないのだろう。その意味では、私もその人も、Nさんの被害者なのだ。

「はい、次!」と、受話器の向こうでNさんの声がした。

今度は誰だ???

「もしもし」

「もしもし、はじめまして。私、Sさんの同僚の○○と申します。夜分遅くに、たいへん申し訳ありません」

やはり、見ず知らずの方である。

何で夜中の1時半に、見ず知らずの人と話さなければならないのだ?

「じゃあ、Nさんに代わります」再び電話は、Nさんのもとへ。

「じゃあ、またね」

ガチャッ

電話が切れた。

いったい何だったんだ?いまの一連の電話は。

明日の発表は、うまくいくのだろうか。

|

« 芋煮会運を取り戻す! | トップページ | 八甲田山 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 芋煮会運を取り戻す! | トップページ | 八甲田山 »