« ポンコツな日々 | トップページ | 「ひとり合宿」は死亡フラグ »

軽はずみな約束

10月10日(木)

夜、「前の職場」のKさんから電話が来た。電話をとると、

「いま、代わります」とKさん。

「どーもー」

こぶぎさんである。こぶぎさんは携帯電話を持っていないので、Kさんの携帯電話を通してしか、通話ができない。

「昨日はすまなかったね」

昨日の記事を読んで、心配になって連絡をくれたらしい。

「あれはネタですよ。たまに自虐的なことを書くことにしているんです」

「そうなの?」

わざわざ心配して電話をくれるところが、ありがたい。友情だね。

だが少し話し始めたところで、

「…あ、カレーうどんが来たんで、また」

と、電話が切れた。カレーうどんに負けたか…。

…いや、今日書こうと思っていたのは、そんなことではない。

今朝、韓国の語学学校のナム先生から、メッセージが入っていた。1カ月前に韓国でお会いした先生である。

「キョスニム、お元気ですか?」

不思議なことに、こっちの心がどんよりしているとき、たまに思い出したようにメッセージをくれることが多い。人間のバイオリズムというのは、おもしろいものだ。

「日本も新学期が開講して、お忙しいことでしょう。こちらは、開講して、もう1学期の半分が過ぎました」

韓国の語学学校は、2ヶ月半(10週間)が1学期である。9月から開講しているから、すでに学期の半分が過ぎたのだ。

「キョスニムのおかげで、新しい授業は、楽しみながらしています」

と書いてあった。

これには注釈が必要である。

最近は、韓国の語学学校の留学生気質も、大きく変わったらしい。授業中に、平気で机の上にスマホを出していじっている学生が増え、学生が授業にまったく集中しなくなっている、というのだ。

どこでも同じなんだな。

「今学期の留学生たちは、とにかくいままで経験のないような困った学生たちです」

先月お会いしたとき、ナム先生をはじめ、他の先生も、すっかり自信を失っていた。

「たった10週しか授業を受け持たなくて、いったい彼らに対して何を教えられるんでしょう」とナム先生。

「10週しか授業を受けなくても、学生は、後々まで記憶に残っているはずですよ」と私。

現に私や妻が、そうであった。

「そうでしょうか」

「一生の先生になるはずです」

その後、ナム先生は、発想を変えて、楽しみながら授業をするようになったのだという。

よかったよかった、と思って読み進めると、メッセージの最後にこうあった。

「いま習っている中国語も、中国人留学生たちに使ってみたりして楽しんでいます。まだまだ道のりは遠いですが、キョスニムとの約束のことを考えて、一生懸命に頑張ります」

えええぇぇぇぇっ!!!

1か月前に、語学学校の3人の先生たちと交わした約束のことを思い出した。

「お互い中国語を勉強して、1年後に会ったときに、中国語で会話できるようにしましょう」

という約束である。

そういえば、先月末、ナム先生のヒョンブ(義理の兄)からも、メッセージが来ていた。

「義妹はいま、キョスニムとの約束のために、語学学校の中国語クラスを受講して、熱心に勉強しているみたいですよ。キョスニムも奮起しなければなりません」

何と、ナム先生は、語学学校で本格的に中国語の勉強を始めていたのだ。

それだけではない。

語学学校の2級クラスの先生だったクォン先生からも、先月末にメッセージが来ていた。

それも中国語で!

「你好!老师!キョスニム、中国語、しっかり勉強してくださいね」

うーん。クォン先生も、中国語を勉強しているらしい。

もうお一人、チェ先生も、この様子だと絶対に中国語を勉強しているはずである。

完全な「中国語包囲網」である!

…実は私、1カ月前にその約束を交わして以来、まったく中国語を勉強しておりません!

困ったなあ。

軽はずみな約束をしてしまうのは、私の悪い癖である。

「いつやるの?」「明日から」

というのが、私がオリジナルに考えた人生の方針。

だがこれでは、永遠に、中国語を勉強できない。

…そうか、「いつやるの?」の答えが「明日から」なのがまずいのかな。

では、「いつやるの?」のあとに、何と答えれば、中国語を今すぐ勉強するようになるのか?

…まったく思いつかない。

|

« ポンコツな日々 | トップページ | 「ひとり合宿」は死亡フラグ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ポンコツな日々 | トップページ | 「ひとり合宿」は死亡フラグ »