« 未来都市 | トップページ | 居場所を作る仕事 »

寺内先生

大林宣彦監督の映画「青春デンデケデケデケ」(1992年)は、直木賞をとった芦原すなおの同名小説を映画化したものである。

1960年代、香川県観音寺市に住む高校生、ちっくん(林泰文)が、ある日突然、ロックに目覚め、友達と一緒にロックバンド「ロッキングホースメン」を結成する。

青春映画の金字塔である!

若いころに見たときは、ちっくんをはじめとする高校生に感情移入して見たものだが、いまはむしろ、高校の先生のほうに感情移入してこの映画を見るようになった。

なかでも、岸部一徳が演じる、英語の寺内先生は、教師としての、私の理想の姿である。

1960年代の高校生にとって、ロックバンドは未知の存在だった。それは周囲の大人たちにとっても同様である。大人たちはなかなか、高校生のロックバンドに理解を示してくれなかったりする。

そんな中で、彼らを後押しするのが、寺内先生である。寺内先生は、ちっくんたちが自らの意志でバンドを結成し、自分たちの頭で考えながら、楽器の調達や練習場所の確保に苦心している様子を、よく知っていたのである。

ある日ちっくんは、職員室に来るようにと寺内先生に呼び出される。

「何か問題を起こしたのだろうか?」「ロッキングホースメンは解散させられるのか?」と、ちっくんはビビりながら、職員室に入る。

すると寺内先生は、自分の机の引き出しから、一冊の楽譜集を取り出す。

「お前、英語の歌好きなんなら、これやるわ」ロックの楽譜集である。

「ええんですか?もろても」

「やるっちゅうんじゃから、もろとかよかろ。進駐軍の仕事しおったときに、人からもろたもんじゃ。わしゃ、どうせ譜面読めんしの。それにもう、日本の歌がようなったんじゃ」

「先生がこういうの好きだとは思わなんだです」

「日本以外の国のもんが、何でもよう見えた時期が、わしにもあったんじゃ」

「今は?」

「だから今は、『ユー・アー・マイ・サンシャイン』より『長崎の女(ひと)』の方がええ」

よく知られているように、岸部一徳は若いころ、グループサウンズ(GS)全盛期にタイガースのリーダーをつとめていた。このセリフを岸部一徳が言うと、寺内先生の言葉なのか、岸部一徳自身の言葉なのか、虚実皮膜の間をさまよっているような感覚になる。

それはともかく。

ロックバンド「ロッキングホースメン」の活動は軌道に乗り始めるが、相変わらず練習場所の確保が難しい。やはりロックバンドに対して、周りの人がなかなか理解してくれないのだ。

ある日、ブラバンの部室の前で、ちっくんは寺内先生に言う。

「ブラバンは、学校で練習できるからええですね」

「ああ、おまえら、練習場所に困っとるゆうとったな」

「はい。合同練習が思うようにでけんで、困っとります」

「『部』にすりゃええがな」

「…登録とか、顧問の先生とかは…」

「わしが顧問になってやる」

「ほんまですか?」

「名前は、…第2軽音楽部でええやろ。ま、軽音楽部はほとんど活動しておらんみたいじゃから、すぐ第1になるわ。学校にはわしが許可をとっといてやる。部屋は…コーラス部のところを半分使(つこ)たらええ。悪いけど、そこで練習すりゃあええ」

あまりのトントン拍子に、浮かない顔をするちっくん。

「なんぞ?」

「なんか、…ひいきされとるみたいで…」

「やる気のある生徒はドシドシひいきするんじゃ、わしは。…部室、見に行こか」

そう言って階段を駆け上がっていく寺内先生。

まじめにロックをやりたい、というちっくんたちの心を理解し、彼らが活動しやすいようにと、即座に対応する寺内先生の姿は、今の私にとっての、指針である。

なぜなら私も今、ロックバンドサークルの顧問だからだ。

「やる気のある生徒はドシドシひいきするんじゃ、わしは」

この潔いセリフが、とても小気味よい。

|

« 未来都市 | トップページ | 居場所を作る仕事 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 未来都市 | トップページ | 居場所を作る仕事 »