« 居心地のよい場所 | トップページ | よく見つけてきたよなあ »

ポンコツはどっちだ?

10月12日(土)

「前の職場」のイベント会場でのこと。会場は2階にある。

午前中の行事が無事に終わったあと、Kさんが、「あれ?」とつぶやきながら、何かモノを探している。

「どうしたんです?」

「Sさんからお預かりしたUSBメモリが、どっか行っちゃったんです」

今日の行事にかかわる一連のデータが入っていた、USBメモリである。

「それはまずいじゃないですか。あの白いUSBメモリですか?」

「ええ。でも先ほどSさんに電話をして聞いたら、バックアップはとってあるから、大丈夫だって言ってました」

Sさんはすでにこの会場を離れ、別の場所に移動中だった。

「でも預かったUSBメモリがなくなったというのは、やはり気になりますよ」と私。

「ええ。どこに置いてしまったんだろうなあ」

「1階の印刷室じゃないですか?朝、ポスターを印刷したとき、あのUSBメモリの中に入っているファイルを印刷しましたよね」

「そうでした。印刷室のパソコンにつけっぱなしかも…。1階の印刷室に行ってきます」

そう言うと、Kさんは階段で1階に降りていった。

しばらくして、戻ってきた。

「どうでした?」

「ありませんねえ。印刷室のパソコンからUSBメモリを抜いて、ずっと手に持っていたと思うんですが、どこかで無造作に置いちゃったんでしょうね。最近、よくやるんですよ」とKさん。

「ずっと手に持っていたでしょう?」

「ええ、印刷室を出たときも、手に持っていたと思うんですけどねえ」

「じゃあ、4階の作業部屋ではないですか?印刷室を出てから、一度立ち寄ったでしょう?そのときに、無造作に置いてしまったとか」

「そうでしょうかねえ。記憶にないなあ」

「とにかく、行ってみた方がいいですよ」

「そうですね」

Kさんは、今度は階段で4階の作業部屋に行った。

しばらくして、戻ってきた。

「どうでした?」

「やはりありません」

「ちゃんと探しましたか?」

「ええ」

「Kさん、一度、ご自身の仕事部屋に戻られたでしょう?」

「ええ」

「仕事部屋ではないですか?」

「そうでしょうか…」

Kさんの仕事部屋は、イベント会場とは別の棟である。

「ちょっと行ってきます」

今度はKさんは自分の仕事部屋に探しに行った。

しばらくして戻ってきた。「前の職場」は、エレベーターがないので、歩きまわったKさんはヘトヘトである。

「ありませんでした」

「おかしいなあ」

「もういいですよ。バックアップはあるんだし」

ヘトヘトなKさんは、すっかりあきらめ顔である。

「いや、そういうわけにはいきません。もう一度、ご自身のポケットをよーく調べてみてください」

Kさんは、ポケットの中に手を入れてゴソゴソと探してみるが、やはりUSBメモリは出てこない。

「やはりありません」

「うーん…。そうだ!Sさんにお返しした、ということはないですか?」

「記憶にないです」

「いや、無意識のうちにお返ししたんですよ。それをSさんが忘れてしまったのかも」

「そんな…」

「Sさんに電話をかけて聞いてみてください。USBをお返ししませんでしたか、と」

「そんな、Sさんを疑うようなことできません」

「いや、可能性はあると思いますよ」私も疑い深い。

「もういいですよ」Kさんはすっかりあきらめてしまった。

さて、それから数時間たった。

夕方、大学祭も終わり、もう帰ろうということになり、車の鍵を出そうと、私が自分のポケットの中をまさぐっていると、鍵とは違うものが入っていることに気づいた。

(何だろう?)

取り出すと、なんと!白いUSBメモリではないか!

「あったあった!ありました!」

白いUSBメモリは、なぜか私のポケットに入っていたのだ!

「どういうことでしょう?」私もまったく思い出せない。

Kさんが思い出したようだった。

「印刷室でポスターの印刷が終わったあと、私が手に持っているものを、いったんそちらに預けたんじゃなかったでしたっけ?」

「そうでしたっけ?」私は、ぜんぜん記憶にない。

一部始終を見ていたこぶぎさんが、呆れた調子で言う。

ポンコツなのは、二人ともだよ」

ただ間違えなくいえることは、自分をまったく疑おうとせず、KさんやSさんを疑っていた私は、サイテーの人間だということだ。

|

« 居心地のよい場所 | トップページ | よく見つけてきたよなあ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 居心地のよい場所 | トップページ | よく見つけてきたよなあ »