« 最悪のコンディションでも美味しいコーヒー | トップページ | 紙の砦 »

くたばれ!業界用語

もう10年以上前のことだと思うが、高校時代の恩師が、自身のホームページを持っていて、そこに、世の中のオカシなことについて、自分の怒りを書いていた。まだ、ブログもツイッターもなかった時代である。

ただ、何でもかんでも書いていた、というわけではなく、恩師の「キレるポイント」というのは、おもに2つだったと記憶している。

1つは、公共の場でのたばこを吸っている人間に対する嫌悪である。

たばこが大嫌いな恩師は、何のデリカシーもなく公共の場でたばこを吸っている人に、当時メチャメチャ腹を立てていた。

私もたばこを吸わない人間なので、その意見には、強く賛同していた。

10年たった今、状況はかなり改善されたのではないか、と思う。食堂や喫茶店でも、分煙という概念があたりまえになってきた。

ただ、それだけに、いまだに、たばこを吸わない人が近くにいるのにもかかわらず、平気でたばこを吸っている人を見ると、

「お前、いつの時代の人?」

と、問い詰めたくなる。

もう一つ、恩師が腹を立てていたのは、「略語」である。

恩師が勤務していた「学校」という場では、教師にしか通用しないような「略語」が多すぎる、というのである。「略語」は、その集団にしかわからない閉鎖的な言葉、つまり業界用語であり、そんな言葉を使い続けているから、いつまでたっても教師というのは社会から隔離された、閉鎖的な集団なのだ、と、これまた強い調子で、主張していたのである。

たとえば、

「しょっかい」

という言葉がある。これを、教師たちは平気で使っているというのである。こうした業界用語を平気で使うことは悪弊にほかならない、と、恩師は主張する。

「しょっかい」って、なんだかわかりますか?

これにも私は、なるほどと思った。ふだん、何気なく業界用語のような略語を使うことがあるが、よくよく考えると、これって、なんかキモチワルイ。

社会に出てから、労働組合が「ベア」とか言っているのも、すごくキモチワルかった。それに、「しょっこん」って、何?あと「じょうせん」。

…とまあ、とにかく私も恩師と同様、業界用語みたいな略語が大嫌いなのである。

もっとも、世代を問わず、いつの世も、略語は使われる。

「その件については、メーリスで流します」

このへんは、ちょっとイラッと来るくらいである。

学生が使う略語で衝撃的だったのは、

「今日、『しゃこう』がありますので、早退します」

である。「しゃこう」???

「しゃがく」と言っている学生もいたな。

とにかく自分だけは、なるべく略語を使わないようにしようと心がけているが、果たしてちゃんと実行されているかどうかは、心もとない。

もし私が労働組合の委員長になったら、

「業界用語をすべて廃止する!」

という方針を、真っ先に決めるだろうな。

…もっとも、なりたいとは思わないし、そんなことを言うヤツは、なれない。

|

« 最悪のコンディションでも美味しいコーヒー | トップページ | 紙の砦 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最悪のコンディションでも美味しいコーヒー | トップページ | 紙の砦 »