« 粉唐辛子鍋、はじめました | トップページ | 表彰式エレジー »

誰が半熟卵がいいって言った?

戸田学『上岡龍太郎 話芸一代』(青土社、2013年)より、上岡流講談「キヨスクにおけるベストセラーの考察」の一節。

「あの鉄道弘済会のゆで卵ちゅうのは、必ず、あの、カッチンコのよく茹でになってます。ご存じですね。あれは正しいゆで卵の姿です。半熟卵、ご存じですね。あれは、邪道です。「俺はゆで卵を食うぞ!」と決めたクセに途中で止めて半熟にする、というのは、もってのほかです。ゆで卵というのは、カッチンコに茹でたやつを喉につめて、ホッホッホッと、こうむせながら食う。この肉体と卵の葛藤の中に美があるんですね。こういう観点から私は弘済会出入り業者の、あの断固たる茹で方をこよなく愛しております」

まったくもって同感。

最近のラーメン屋さんって、なぜか、よく得意げに「半熟卵」を売りにしたりしているけれど、私には、半熟卵のどこがいいのか、まったくもってわからない。

ラーメンにのせるゆで卵は、カッチカチのものが好きなのだ。半熟を強制されてはたまったものではない。

半熟卵が美味しいって、誰が決めたんだ?

|

« 粉唐辛子鍋、はじめました | トップページ | 表彰式エレジー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 粉唐辛子鍋、はじめました | トップページ | 表彰式エレジー »