« 気分はコピーライター | トップページ | 忙中笑あり »

さながら、ドキュメンタリー映画のカメラのようである

11月23日(土)

そもそもこのブログは、韓国留学中に起こったさまざまな出来事を綴るためにはじめた、「セルフ・ドキュメンタリー」というべきものであった。

ブログを書くようになってから、自分が、さながらドキュメンタリー映画のカメラになったような気分になることが、しばしばある。

今日は、まさにそんな1日だった。

Aさんが、40年来のつきあいである、古い友人のBさんを見舞う。今はお互い、遠く離れた場所に住んでいるので、久しぶりの再会である。

長く闘病生活を続けているBさんの体調がこのところ少しずつ回復していると聞いたAさんは、Bさんの住む町を訪れたこの日、外で会食することになったのである。外での会食もまた、久しぶりのようであった。

Aさん夫妻とBさん夫妻が再会し、会食する場面。そこになぜか私は、縁あって、立ち会うことになったのである。

Bさんは、久しぶりにAさんと話ができて、嬉しそうである。

Aさんも、Bさんの体調が回復していることに、喜んでいる。

私は、古い友人どうしが交わす会話を、ただただ見守るほかない。

さながら、ドキュメンタリー映画のカメラのようである。

お昼の会食を終え、ファミリーレストランに場所を変えてお茶を飲んでいると、そこに次々に古い仲間たちが集まってきた。

みんな、Bさんに会うためである。

閑散としていたファミリーレストランの一角で、賑やかな「同窓会」が始まったのである。

私は、自分とはまったく関係のない同窓会に、紛れ込んでしまった感覚にとらわれる。ふたたび私の存在は、ドキュメンタリー映画のカメラとなる。

夕方になり、Aさんが提案する。

「B君と、ほんの少しでいいから、お酒を一緒に飲みたい」と。

みんなで、この近くで10人ほどが入れるようなお店を問い合わせてみるが、週末のためか、お休みだったり、満席だったりして、なかなかお店が見つからない。

少し離れた町に、お魚の美味しい店があるというので、タクシーでそこまで移動する。

たしかにお魚が美味しい店である。Bさんは、Aさんと向かい合って、ビールや日本酒を飲んだ。久しぶりだったのだろう。その表情は、とても嬉しそうだった。

私もしだいに、その「同窓会」の一員として、その古い仲間たちの思い出話を共有してゆく。

まことに不思議な感覚である。

話が尽きないまま、8時半になり、会はお開きとなる。

お店の外に出て、Bさんが一人ひとりと、握手を交わす。

私と握手したとき、Bさんは言った。

「縁があったら、またお会いしましょう」

Bさんの握った手は、とても力強かった。

|

« 気分はコピーライター | トップページ | 忙中笑あり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 気分はコピーライター | トップページ | 忙中笑あり »