« イベント、からの演劇鑑賞 | トップページ | 宮沢賢治のメッセージ »

声に出して読め、宮沢賢治

まことに恥ずかしいことだが、今まで宮沢賢治について、まったく疎かったこともあり、井上ひさし作「イーハトーボの劇列車」に出てくるセリフに、宮沢賢治の作品の言葉がちりばめられていることに、ほとんど気づかなかった。

たとえば、

「こんなことは、じつに稀です」

というセリフは、「革トランク」という短編にくり返し出てくる言葉である。

ちなみに「革トランク」という作品は、一読すると、なんだかよくわからないのだが、宮沢賢治の人生と重ね合わせて読んでみると、じつに味わい深いものとなる。

「イーハトーボの劇列車」を見ていて、私が好きなセリフがあったのだが、それも、詩「稲作挿話」(一〇八二〔あすこの田はねえ〕)の、次の一節だったことがわかった。

これからの本当の勉強はねえ

テニスをしながら商売の先生から

義理で教はることでないんだ

きみのやうにさ

吹雪やわづかの仕事のひまで

泣きながら

からだに刻んで行く勉強が

まもなくぐんぐん強い芽を噴いて

どこまでのびるかわからない

それがこれからのあたらしい学問のはじまりなんだ

ぢゃさようなら

朗読の教材としてしばしば使われるという、この詩。

声に出して読んでみると、やはりいい。

いや、そもそも宮沢賢治の作品は、声に出して読むと、じつに心地よいのだ。

いまさらながらそのことに気づいたのだが、いささか遅すぎた、というべきであろう。

|

« イベント、からの演劇鑑賞 | トップページ | 宮沢賢治のメッセージ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イベント、からの演劇鑑賞 | トップページ | 宮沢賢治のメッセージ »