« さよならだけが人生だ | トップページ | リソグラフ捜査官 »

新年最初の憂鬱な火曜日

1月14日(火)

おっと、肝心の今日の1日の出来事を書き忘れました。

朝、隣県からお客さんが二人いらして、「依頼された仕事」をしました。

わざわざ隣県から私ごときを頼って来ていただくのは、嬉しい限りです。

「依頼された仕事」は午前中では終わらず、お昼休みになりました。

お客さん二人を「よく喋るシェフの店」にお連れしたのですが、あいにく今日にかぎって満員御礼。仕方なく、隣の定食屋さんに行くも、定休日。

さらにその隣の、小さな喫茶店みたいな店にはじめて入りました。

すると、おばあちゃんが経営している古い喫茶店のようで、店内は狭いが、おばあちゃんの常連さんがたくさん来ています。

おばあちゃんのお客さんが水を持ってきてくれたりして、もう誰がお店の人で、誰がお客さんだか、よくわかりません。

「日替わりランチのご飯がなくなっちゃったから、ラーメンにしてくれ」と、店のおばあちゃん。

仕方がないので、ラーメンを注文しました。これまた懐かしい味のラーメンです。

お二人には申し訳ないことをしたかな、と思いましたが、まあこれはこれでよしとしよう。

お昼休みをはさんで、「依頼された仕事」は3時前に終わり、一つ肩の荷が下りました。

そのあと、重要な仕事があります。

それは、「卒論を受けとりに行く」という仕事です。

おそるおそる「卒論受け渡し会場」に行くと、なんと、10人全員が、無事、卒論を提出していて、とても安心しました。

ひとまず、ホッとした1日でした。

|

« さよならだけが人生だ | トップページ | リソグラフ捜査官 »

職場の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さよならだけが人生だ | トップページ | リソグラフ捜査官 »