« 代役人生 | トップページ | 無重力版ワンシチュエーション映画 »

ガラ紅白

12月31日(水)

どうでもいい話である。

ここ数年、大晦日の夜は、紅白歌合戦(NHK)を最初から最後までじっくり見たあと、ジルベスターコンサート(テレビ東京)で、「クラシック音楽でカウントダウンする」という流れが、定着している。

紅白歌合戦は、面白いと思って見ているわけではない。

年々、ますますカオスになっているよなあ、と思いながら、見ているのである。

「紅白歌合戦のガラパゴス化」という理論を提唱したい。紅白歌合戦は、年々、演出が訳のわからない方向に凝っていくために、かなりつじつまが合わなくなっており、かつ内向きになっている。

昨今の政治的事情をかなり反映していることも、見ているとよくわかる。

まあそれはともかく。

今回、いちばんカオスだなあ、と思ったのは、朝の連ドラ「あまちゃん」のコーナーである。私はドラマをほとんど見ていないが、2013年の大ヒットドラマだったらしい。

それ自体が内向きなネタなのだが、まあそれはよい。

キョンキョン(小泉今日子)と、薬師丸ひろ子が、「小泉今日子」や「薬師丸ひろ子」としてではなく、それぞれ「天野春子」「鈴鹿ひろ美」という、ドラマの役に扮して、「潮騒のメモリー」という、これまたドラマの中で作られた架空の歌を、紅白歌合戦で歌ったのである。

キョンキョンや薬師丸ひろ子といったらあーた、私の世代の、憧れのアイドルですよ!

それだけで、私にとっては感激ものである。

「小泉今日子」「薬師丸ひろ子」として持ち歌を歌わせても、全然おかしくないと思うのだが、「潮騒のメモリー」という劇中歌を歌わせているところが、面白いけれど、なんというか、もったいないのである。

しかもですよ。

「潮騒のメモリー」は、ドラマの脚本を書いた宮藤官九郎が自ら作詞した歌で、70年代から80年代の歌謡曲のいろいろなパロディがちりばめられている「バカ歌」(ほめ言葉)なのだ。

たとえば、

「彼に伝えて 今でも好きだと

ジョニーに伝えて 千円返して」

という歌詞は、「ジョニーへの伝言」のパロディで、とても可笑しいのだが、そのあとに高橋真梨子が紅組出演者として、ちゃんとした歌を歌っているのをみて、

「高橋真梨子は、この歌について何とも思わないのか?というか、高橋真梨子は、『ジョニーへの伝言』を歌ってくれるわけではないのか」

と思ってしまったり、

「三途の川のマーメイド

友達少ないマーメイド」

という歌詞は、松田聖子の「小麦色のマーメイド」のパロディで、たまらなく可笑しいのだが、やはりそのあとに松田聖子が紅組出演者として出てきて、ちゃんとした歌を歌っているのをみて、

「なぜ、松田聖子は松田聖子として出ているのに、キョンキョンや薬師丸ひろ子は、キョンキョンや薬師丸ひろ子として歌わせてもらえないのか?というか、ここで松田聖子は『小麦色のマーメイド』を歌うべきだろう」

と思ってしまったり、なんとも、NHKの演出意図が理解できない。

NHKは、何ともったいない使い方をするのだろう。

まあ、伝わりにくい話だし、どうでもいい話なのだが、とにかく言いたいことは、

「紅白歌合戦のガラパゴス化」

ということと、

「俺と同世代のクドカン(宮藤官九郎)は、キョンキョンと薬師丸ひろ子に、自分の作ったバカ歌(ほめ言葉)を紅白で歌わせて、うらやましいぞこの野郎」

ということだけである。

|

« 代役人生 | トップページ | 無重力版ワンシチュエーション映画 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

典型的な(コブ付き)年越し

 大晦日と言えば、ここ数年は完全閉学中の職場に籠城して、「韓国の紅白歌合戦(本当は青組VS赤組とか青組VS白組で対決するが)」をネットでみることを常にしている。

 しかし今年は、ひょんなことから実家で年越しすることなった。

 おりしも義弟一家が実家に泊まりに来ていて、この家では子供にテレビを一切見せない躾をしていることから、一度紅白を最後まで見てみたいという子供たちの、たっての願いでやってきたとのこと。

 子供に見せていないということは、親もテレビを見ていないわけで、親子そろって、ずうっとテレビの前にかぶりつきなので、こちらはテレビとこたつのある居間で一人、イヤホンをしてタブレット携帯での肩身のせまい韓国紅白の鑑賞となった。

 テレビ見ない一家には、「潮騒のメロディー」でユイちゃんがなぜNHKにタクシーで乗りつけたのかが分からないどころか、「ゆく年くる年」の次にさだまさし特番があるとはつゆにも知らないようで、紅白終了後はケーブルTVかなんかにチャンネルを変えて、親子そろって新年早々「ガンダム」を見る始末。

 明けて元旦は、私以外全員キリスト教徒という四面楚歌の布陣で、食事のたびに「食事前のお祈り」という形で親の願望を面と向かって言われるという、いつもの仕打ちを受けた後(もちろん初詣はしない)、坊主めくりに将棋崩しにトランプをして、回転寿司で昼食。その後、ふたたびテレビ鑑賞と、まるでTV視聴合宿の様相。やっと家族が寝た夜中に、ゼミ卒論集のはしがきとこのコメントを書いております。

 よく食うし、無駄に走り回るし、ゲーム「ドラゴンクエスト」のコツも教えてもらって子供はかわいいけど、これでは抱えてきた仕事ができないどころか、せっかくの年末年始休暇で、放電を超えて消耗するばかり。

 しかもテレビ見せないくらいの躾をしている親らしく、こちらのコメント欄で展開しているようなおバカトークを義弟に振っても、全然リアクションを取ってくれない(泣)。


 でも、明日はこちらだって、映画を見に行きますよお。お正月ですからねえ。

 タイトルはもちろん、


 「くもりときどきミートボール2」。


 空から降った食べ物がおかしな動物になる話だそうです。

投稿: せへ ぼく こぶぎ | 2014年1月 2日 (木) 01時59分

セヘ ボク マニ パドゥセヨ!

やはり、やりつけないことは、やるもんではありませんな。

怖いもの知らずの2歳の姪が、元旦の初詣で「獅子舞」に頭を噛まれ、それがトラウマになって獅子舞が怖くなったそうです。「獅子舞が来るよ」と言ったら、言うことを聞くようになったので、さっそく小さな獅子頭でも買って姪を怖がらせようと思ったんですが、獅子頭って、意外と売っていないものですな。

投稿: onigawaragonzou | 2014年1月 3日 (金) 01時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 代役人生 | トップページ | 無重力版ワンシチュエーション映画 »