« スポーツクラブと原稿 | トップページ | 本にサインをした夜 »

湖上

先日このブログで高橋和巳の『悲の器』のことを書いたら、「俺も高橋和巳の小説、好きだったんですよ」と言ってくれた同世代の友人がいた。

何でも書いてみるものだ。身近なところに同じ趣味の人がいるんだな、と思っていたら、

「でも、中原中也は嫌いだったんでしょ?」

とその友人は言う。

「そんなことありませんよ」

と言うと、

「いや、嫌いだと書いてましたよ」

と言う。

そういえば、中学校の卒業式の思い出について書いたときに、中原中也の詩について、少し触れたのだった。

だが、嫌いだった、とは書いていない。

しかし、中原中也が好きな人からしたら、たしかに「この人、中原中也の詩が嫌いなんだな」と思わせる表現だったのかもしれない。

「俺、ズボンのポケットにいつも詩集をしのばせているくらい、好きだったんですから」

「そうだったんですか」

私はたしかに、熱心な読者というわけではなかった。だが、「湖上」という詩は、とても好きだった。

「湖上」

「ポッカリ月が出ましたら、
舟を浮べて出掛けませう。
波はヒタヒタ打つでせう、
風も少しはあるでせう。

沖に出たらば暗いでせう、
櫂(かい)から滴垂(したた)る水の音は
昵懇(ちか)しいものに聞こえませう、
――あなたの言葉の杜切(とぎ)れ間を。

月は聴き耳立てるでせう、
すこしは降りても来るでせう、
われら接唇(くちづけ)する時に
月は頭上にあるでせう。

あなたはなほも、語るでせう、
よしないことや拗言(すねごと)や、
洩らさず私は聴くでせう、
――けれど漕ぐ手はやめないで。

ポッカリ月が出ましたら、
舟を浮べて出掛けませう、
波はヒタヒタ打つでせう、
風も少しはあるでせう。」

私はとくに、

「あなたはなほも、語るでせう、
よしないことや拗言(すねごと)や、
洩らさず私は聴くでせう、
――けれど漕ぐ手はやめないで」

という部分が大好きで、この情景を思い浮かべては、なんともいえない幸福な気持ちを想像したものである。

「あなたはなほも、語るでせう、
よしないことや拗言(すねごと)や、
洩らさず私は聴くでせう、
――けれど漕ぐ手はやめないで」

ひょっとしたらこの情景が、今まで想像した中で、私にとっていちばん幸福な情景なのかもしれない、と、今でも思うのだ。

|

« スポーツクラブと原稿 | トップページ | 本にサインをした夜 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

最近登場が減っているダブル浅野という意味でのダブルKの片割れです。
高橋和巳全集、持ってます。
Sネット系統には高橋和巳率は高いようです。
あの法学者のように「やむにやまれなかった」というところが通じるのでしょう。

投稿: 最近登場しないダブルK | 2014年2月22日 (土) 23時38分

高橋和巳、やはりこの世代の人たちにけっこう影響を与えているんですね。しかしその世代の人たちも、いまや彼の年齢を超えてしまった…。

投稿: onigawaragonzou | 2014年2月24日 (月) 02時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スポーツクラブと原稿 | トップページ | 本にサインをした夜 »