« 記憶の肩代わり | トップページ | 振り出しにもどる »

楽しむ生き方

もはや体力と気力の限界である。

今年度で定年退職する同僚の挨拶を、いろいろな場所で聴いていて、

「すごいなあ」

と思ってしまった。

その同僚は、長らく商社に勤めていて、おそらく商社の定年退職を目前にして、東京からうちの職場に移ってきたのだと思う。この3月までの6年間、それまでとはまったく異なる職業である「田舎教師」をつとめていたのだ。

挨拶ではもっぱら、

「楽しかった思い出しかない」

「まったく飽きることがなかった」

と話していた。それをいかにも楽しそうに話すので、本当に、この6年間を楽しんでいたんだろうなあ、と思う。

私の勝手なイメージでは、生き馬の目を抜く商社から、独特の文化や因習を持つこの職場に移ったら、文句の一つでもいいたくなるのではないだろうか、と、思ってしまう。

しかし、この同僚には、そんなところが微塵もない。

学生の間での授業の評判もよかったそうだ。長らく社会で実践を積んでこられた方なので、お話も歯切れよく、面白かったのだろう。

ゼミに集まってくる学生も、面白い学生が多かったのだと思う。

本人が楽しんでいると、それを面白がる人が周りに集まってくるのだ。

以前、私が職場で企画した「眼福の先生」の講演会にも、専門分野がまったく異なるにもかかわらず、聴きに来ていただいた。しかもそのときは、その同僚とまったくお話をしたことがなかったので、義理で来てくれた、というわけではない。ただ、楽しみに来てくれたのである。そんな感じで聴きに来てくれた同僚は。たぶんその方だけである。それが、とても嬉しかった。

先日の送別会で、はじめて、その同僚とお話しすることができた。

わずかな時間の立ち話だったが、専門分野の異なる私のところにわざわざ来ていただいて、四方山話をした。

私の話に合わせつつ、ご自身の経験をふまえたお話をされたりして、その話題は尽きることがなかった。

もっと早くから、こうしたお話が日常的にできていたら、いろいろなことを学べたのではないか、とも思った。

いつも思うのだが、人はなぜ、身近に師がいることに、気づかないのだろう。

F先生、お疲れさまでした。これからも、楽しい人生を!

|

« 記憶の肩代わり | トップページ | 振り出しにもどる »

職場の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 記憶の肩代わり | トップページ | 振り出しにもどる »