« 誰にも理解されない主張 | トップページ | 楽しむ生き方 »

記憶の肩代わり

ちょっと戻って、3月19日(水)。

朝から夕方まで、4つの会議が続く。

お昼休みに、職場の寄合があった。

思いもかけず、日ごろ信頼する2人の同僚から、私に対するメッセージをいただいた。

いつも思うだが、人間の記憶、というのは、面白い。

自分がすっかり忘れていることを、別の人が、覚えていていくれる。

しかも、相当細かい部分まで、である。

人はひとりでは生きていけない、と、よく言われるが、「ほかの人が、自分の記憶の肩代わりをしてくれている」ことが、自分にとっての大きな絆になることがある。

だから、自分の記憶の肩代わりをしてくれる人は、大事である。

他人の記憶の中に潜む自分。ひょっとしてそれこそが、生きた証、なのかも知れない。

|

« 誰にも理解されない主張 | トップページ | 楽しむ生き方 »

職場の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 誰にも理解されない主張 | トップページ | 楽しむ生き方 »