« 新しい門出に | トップページ | 記憶の肩代わり »

誰にも理解されない主張

サッカーJリーグのサポーターによる、差別横断幕事件。

当初は、ほとんど報道されていなかった。

しかし、次第に事の重大さに気づいたのか、Jリーグ側が、チームに重い制裁を科し、ようやく報道されるようになった。

このときの経緯を、TBSラジオ「荻上チキ セッション22」のポッドキャストで聴いたのだが、これがメチャクチャ興味深い。

この差別横断幕を競技場の観客席で見つけて、「これはまずい」と思ったのは、同じサッカーチームの熱烈なサポーターだった、Uさんだった。当日の放送では、このUさんも出演して、そのときの様子を事細かに話している。

それによると、サッカー観戦をしようと競技場に入ったUさんは、この差別横断幕を見て、「これはまずい」と思い、すぐに、しかるべき手続きを経て、クラブ(サッカーチーム)に、

「あの横断幕は、差別的表現を含んでいるので、ただちに取り外すべきだ」

と申し入れをした。

ところが、結局試合の最後まで、この差別横断幕は取り外されることはなかった。

チームを率いるクラブ側が、横断幕を掲げたサポーター側に配慮した、ということらしい。

サッカーチームは、サポーターの支援があってのものだからである。

つまりは、「なるべく事を荒立てないように」ということのようだった。

しかし、これをこのまま放置しておくと、さらに大きな問題に発展しかねませんよ、と、Uさんは再三言ったのだが、クラブ側は、その場を穏便に済ませようとしたのである。

だが最終的には、問題はかなり大きくなり、チームの受けた傷は、より深いものとなってしまった。

このラジオを聴いていて、すげえなあ、と思ったのは、この差別横断幕をただちに問題視し、正当な手続きでクラブ側にその場で申し入れをした、Uさんである。

これほど適切で、毅然とした行動は、なかなかできない。

さらに驚いたのは、Uさんが、このときの放送で、じつに理路整然と、冷静に、この問題について論じていたことである。

このUさんの素性は、サッカーチームの熱烈なサポーターというだけで、とくに明かされているわけではなかったが、じつに弁が立つ、というか、ラジオ慣れしている、というか、とにかく、私なんかよりも、はるかに冷静で理知的なのである。

何者なんだ?この人は。

何よりすばらしいのは、サッカーチームのサポーターによる不祥事を、同じチームのサポーターが毅然とした姿勢で、臆することなく、正当な手続きで、問題を明るみにしたことである。

それに対してクラブ側がとった行動は、当初は、「事なかれ主義」に徹する、というものであった。

そればかりか、よかれと思って申し入れをしたUさんのことを、当初は「クレーマー」の1人として対応していたのである。

「ある問題が起こったとき、どのように対処するか?」

差別横断幕事件は、その、見本のような事件である。

誤解を恐れずにいえば、教材にしてもいいくらいの事件である。

「この事件の、何が問題なのか?」

「こうした事件が起こったとき、周りの人たちはどのような姿勢でのぞめばよいのか?」

これに答えられることが、社会人になるための、第一歩なのではないだろうか。

…ま、そうは言っても、私の周りで理解してくれる人なんて誰もいないだろうな。

ところで、私こそ、差別のかたまりのような人間であることを、この事件を通じて痛感した。

私はこの事件が起こったとき、

「サッカーチームのサポーターなんて、やっぱりろくなもんじゃねえ。きっと、こういう連中ばっかりなんだ」

と思ってしまった。

だが、この問題を誰よりも深刻に受けとめ、解決に導いたのも、実は、サポーターだったのである。

「オレは、サポーターを、十把一絡げに見てしまっていた」

と、自分の中にある強い差別意識に、深く反省したのであった。

最後にくり返していう。

この事件は、教材にすべきである。

|

« 新しい門出に | トップページ | 記憶の肩代わり »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新しい門出に | トップページ | 記憶の肩代わり »