« ダマラーのオフ会 | トップページ | 究極のオフ会 »

猫の事務所

昨日の記事のコメント欄で、こぶぎさんが宮沢賢治の童話「注文の多い料理店」をパロディ化した秀逸なコメントを書いていて、負けず嫌いの私も、同じ宮沢賢治の童話を使ったパロディを書いて、受けて立とうじゃないか、と、まる1日考えてみたが、どうも思い浮かばない。

思い浮かんだのが「猫の事務所」だったのだが、あらためて読み直してみて、「猫の事務所」って、すげえ話だなあ、と思うばかりで、これをこぶぎさんのようにパロディ化することが、できない。

「猫の事務所」って、どのくらい有名な童話なんだろうか?

教科書とかに載っていたかなあ。記憶にない。

だが、大人こそ読むべき童話である。

とくに、社会や組織の中にあって「生きづらいなあ」と日頃感じている人は、絶対に読むべき童話である。

で、結局、「コメント返し」は、別の童話作家の童話でお茶を濁しましたとさ。

|

« ダマラーのオフ会 | トップページ | 究極のオフ会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

赤鬼くん

しばらくコメントしなくてごめんなさい。それで、ぼくはブログを変えるけれども、いつまでも君を忘れません。さようなら、体を大事にしてください。

どこまでもコメントのプロット設定につき合う君の友達

青鬼

投稿: こぶ鬼 | 2014年3月13日 (木) 11時36分

「五番書記、「猫の事務所」がいかに面白いか述べよ」

「はい。」五番書記のふみ猫は、タブレットに表示された青空文庫版「猫の事務所」のページを、短い手で右へ左へと滑らしながら、一生けん命説明しました。そこで事務長もぜいたく猫も、大へん感服したらしいのでした。

「この「トバスキー」と「ゲンゾスキー」はどちらも鳥羽源蔵のことだから、両者の人物描写は只、言葉をひっくり返しただけの内容なり。こういふユーモアがあるので宮沢賢治は好きなり。そもそも、どこぞのブログと同じで、書き手も読み手も皆知り合いだから、誰のことだかが容易に想像できて、たいそう面白かったに相違ない。」

「いや、それでわかりました。ありがたう」

三番書記のこぶぎ猫は、ふみ猫が一生けん命説明する姿を、四番書記のかま猫のそれと重ね合わせ、新たなコメントネタができたことに、心の中で礼を述べました。

投稿: 宮沢こぶぎ | 2014年3月20日 (木) 16時28分

そうか!宮沢賢治の童話は、こぶぎさんがよく言う「ブログファンタジー」の先駆けだったのか。

こぶぎ猫、ふみ猫、おに猫、それにかま猫で、「新・猫の事務所」が書けそうだな。今は時間がとれないので書けないけど。

投稿: onigawaragonzou | 2014年3月21日 (金) 01時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ダマラーのオフ会 | トップページ | 究極のオフ会 »