« 究極のオフ会 | トップページ | ヤマアラシのジレンマ »

猫の事務所は続くのか

ある読者に「このブログ、昔は謙虚だったのに、最近はけっこう言いたい放題ですね」と言われ、反省しているところなのだが、これだけは言わせて。

宮沢賢治の童話「猫の事務所」を読み直して思い出したのは、昨今世の中を騒がせている、あの「騒動」である。

あれって、どうなんだろう?

実際のところはどうだったのか、今のところ真相は「藪の中」である。

つまり黒澤明の映画でいえば、「羅生門」である(また始まった)。

それよりも、私が気になるのが、あれだけあの人を持ち上げたマスコミが、一転して「糾弾」に走っている、という現象である。

「若い女性」という理由だけで持ち上げたマスコミが、今度は「若い女性」という理由だけで叩いている、というようにしかみえない。

そこに、薄ら寒さを感じるのである。

私が見たところ、今あの人の味方をする人は、誰もいないのではないか、と思う。米国にいるという師匠くらいではないだろうか。

まさに、「猫の事務所」でいうところの、「かま猫」の立場である。

童話「猫の事務所」の最後は、猫たちが恐れる「獅子」が事務所に入ってきて、

「お前たちは何をしてゐるか。そんなことで地理も歴史も要ったはなしでない。やめてしまへ。えい。解散を命ずる」

といって、かま猫を集団でいじめていた事務所は廃止される。

これに対して宮沢賢治は最後に、

「ぼくは半分獅子に同感です」

と述べている。この「半分」という感性がすばらしい。

ところが、こちらの「獅子」といったら、記者会見で、

「未熟な研究者がずさんな研究をした。データをずさん、無責任に扱った。徹底的に教育し直さないといけない」

と、その人のことを「未熟な研究者」と言い放ったのである。

私に言わせれば、

「いまごろそんなこと言うなよ!」

である。

私が宮沢賢治だったら、

「僕は獅子にまったく同感しません」

と書くだろう。

まだ、宮沢賢治が「半分同感する」という「廃止」「解散」の道を選んだ方が、ずっと誠実である。

そもそもこの発言は、強い者が弱い者に対して放つ、「トカゲのしっぽ切り」としか聞こえないが、もし、本当にその人が「未熟」だったのだとしたら、なぜ周りの人がそれに対してもっと早く対応をとらなかったのか?

要は、周りの人たちに「見る目がなかった」のである。

自分に見る目がなかったことを棚に上げて、後になってその人の問題点をあげつらったり、蔭口を叩いたりする、というのは、私の周りでもよくみられることだが、そのたびに、なんとなく薄ら寒さを感じてしまうのである。

これって、「いじめ」と構造的には同じだよなあ。

ひょっとして、自分もその一人として荷担しているのかも知れない、と思うと、自分もまた、情けない。

だから私にとってこの騒動は、周囲の対応の仕方のほうに、ずっと興味があるのだ。

|

« 究極のオフ会 | トップページ | ヤマアラシのジレンマ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 究極のオフ会 | トップページ | ヤマアラシのジレンマ »