« ちぐはぐロードムービー | トップページ | 春の便り »

激痛新生活

3月30日(日)

朝起きると、右膝が猛烈に痛い。

これは、例の病気である。

私はこれまでに2回、大きな引っ越しをしているが、そのときに必ず、「足が猛烈に痛くなる病気」にかかっている。

14年前、東京から、「前の職場」に引っ越しをしたとき、4月早々、例の発作が起きた。

11年7カ月前、「前の職場」から「次の職場」に引っ越したときも、たしか、引っ越しの最中に、猛烈に足が痛くなったと記憶している。

そして、今回、3回目である。

発作が起きないように、慎重に慎重に引っ越し作業を進めてきたが、ここへ来てやはり、同じことをくり返してしまった。

23日くらいから、まず左足のくるぶしが痛み始めた。

だが、24日~26日は、大切な送別会や卒業式があったため、なんとしても乗り越えなければならない。

送別会や卒業式は、いずれも楽しかったので乗り越えられたが、27日以降、また痛み始めた。

そして一昨日の28日の夜。

あるイベントがあり、そのときは気を張っていたので痛みは感じなかったが、終わってどっと疲労すると、とたんに痛み出した。

おそらく極度の精神的ストレスがあったのかもしれない。

そして今朝である。

目が覚めたら、起き上がるのが億劫なくらいに、右膝が猛烈に痛いのだ。

「痛いタイタイタイタイ!」

左足のくるぶしに加え、右膝まで激痛が走ったのだ。

こうなると、いったいどっちの足を軸足にしていいのか、わからない。

だが不思議なもので、右膝が痛くなると、左足のくるぶしの痛みは、ほとんど感じなくなった。

そうか!

人間は、「もっと痛くなると、それまでの痛みを忘れる」のか!

つまり、

「人生において、それまでの些細な痛みは、もっと大きな痛みによって、何でもないことのように思えてしまう」

ということである!

…そんなことはどうでもよい。

とにかく痛いのだ!

家族には、

「作業をするのがイヤだから、引っ越しのたびに仮病を使っているのではないか?」

と疑われているようだが、断じてそんなことはない。

この痛みは、たぶん「ほかの人にはわからない」。

とくに膝に発作が出ると、膝をちょっと曲げただけで、激痛である。

立ち上がろうとすると、体重が膝にかかるから、

「痛いタイタイタイタイ!」

となる。

階段を降りるときもタイヘンである。

一段ずつ降りるたびに膝に激痛が走り、

「痛いタイタイタイタイ!」

となるのだ。

床にものを落としたときもタイヘンである。

膝をかがめてとろうとすると、

「痛いタイタイタイタイ!」

となる。

前にも同じようなことがあったな、と、自分のブログをさかのぼってみると、

あったあった、ありました!

2011年10月15日(水)「激痛避難訓練」

このときも、猛烈な膝の痛みに襲われたのだった。

加えて今日は、春の嵐。外は大雨である。

外へ出るのも一苦労である。

どうしていつも、こんな目に遭うんだろう?

とにかく、新生活が始まる4月1日(火)までに、膝の痛みを治しておかなければならない。

新天地で、いきなり

「痛いタイタイタイタイ!」

となっては、新しい職場の人たちにも迷惑をかけるばかりである。

痛み止めの薬もかなり飲んでいるが、今回ばかりはお手上げのようである。

「健康第一!」

そんなことはわかりきっているのだが、この病気だけは、どうにも自分でもコントロールできなくなっている。

はたして、4月1日(火)からの新生活、無事乗り越えられるのか???

|

« ちぐはぐロードムービー | トップページ | 春の便り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ちぐはぐロードムービー | トップページ | 春の便り »