« 励まされる生き方 | トップページ | カナリヤは歌を忘れるか »

絶対に薦められない「蔵の中」

たぶん、ここの読者はまったく知らないと思うが、高林陽一、という映画監督がいた。

高林陽一の映画の特徴を表現するならば、「耽美」、「淫靡」、「猟奇」、「退廃」、「幻想」といった言葉が思い浮かぶ。

横溝正史原作の「本陣殺人事件」を1975年に映画化したことは、金田一映画のファンならば、誰でも知っている。

この映画で金田一耕助を演じたのが、中尾彬である。

このときの中尾彬は、今では想像もつかないくらい美青年であった。

ちなみに中尾彬は、横溝正史原作、篠田正浩監督の映画「悪霊島」(1981年)で、「殺されてしまう悪役」として登場する。

映画で金田一耕助を演じた俳優が、別の金田一映画で金田一以外の役で登場するのは、中尾彬をおいて他にいない。これ、豆知識な。

そんなことはともかく。

高林陽一は、もう一本、横溝正史原作の小説を映画化している。

142080_1_2 それが、「蔵の中」(1981年公開)である。

この映画で、中尾彬は、雑誌編集者の磯貝三四郎という役で出ている。前作の「本陣殺人事件」のイメージとは正反対の、色魔を見事に演じている。

ある日、磯貝の経営する雑誌社に、「蔵の中」という小説が持ち込まれる。胸を病んでいる美青年・蕗谷笛二と名乗る男が、「ぜひあなたに読んでほしい」と持ってきた小説である。

蔵の中に住む胸を病む姉・小雪のところに看病に来た弟・笛二は、彼女を慕い看病するうちに、やがて「蔵の中」で男女の関係を結んでしまう。

このあたりがじつに耽美的なのだが、私の心をとらえたのは、その場面ではない。

蔵の中の退屈しのぎに、遠眼鏡で外を見た笛二は、ある光景を目撃してしまう。

それは、磯貝三四郎が、愛人・お静の家に通っている光景である。

そこで、磯貝と愛人とのさまざまなやりとりを、遠眼鏡越しに目撃することになる。

そう、この映画は、日本版「裏窓」(ヒッチコック監督の映画)なのだ!

遠眼鏡で磯貝と愛人との一部始終を目撃した笛二は、次第にある「確信」を得るようになる。

それは、磯貝が妻を殺した、という確信である。

そればかりではない。

愛人のお静もまた、磯貝によって、首を絞められて殺されてしまうのだ。

つまり磯貝は、妻と愛人の両方を殺したのである。

それが、薄暗い蔵の中から、ずっと遠眼鏡でのぞいていた笛二が出した結論だった。

笛二は、そのことを「蔵の中」という小説として書き、それを、雑誌編集者の磯貝のもとに持ち込んだのである。

ふだん、持ち込みの小説など読まないと豪語していた磯貝は、その小説を持ち込んだ笛二の妖しげな雰囲気に魅了され、なんとなくその小説を読み始める。

磯貝をモデルにしたと思われるその小説には、驚愕の内容が書かれていた。

自分にとっては全く身に覚えのない、妻と愛人の殺害、という妄想が、書かれていたからである。

つまり、遠眼鏡越しに笛二が見たものは、まったくの妄想だったのだ。

蔵の中から、遠眼鏡越しに見た、外の世界。

そこから、果てしない妄想を広げてゆく笛二。

大学生のときに、衛星放送でこの映画を見た私は、この映画のなんともいえない「淫靡」「耽美」「幻想」「退廃」「猟奇」的な雰囲気に、すっかり魅了されてしまった。

そして告白すると、この映画こそが、その後の私の妄想癖…遠目に見た断片的な光景から、人間関係の妄想をたくましくする癖…の原点だったのだ。

だからこの映画、ほかの人には絶対に薦めません。

|

« 励まされる生き方 | トップページ | カナリヤは歌を忘れるか »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

既に指摘されているかもしれませんが、「金田一役者が他の金田一映画に金田一役以外で出演したのは中尾のみ」は誤りです。映画「幽霊男」を観ましょう。新旧金田一対決(2代目が犯人役)が実現していますよ。

投稿: ドラゴン | 2016年5月 7日 (土) 15時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 励まされる生き方 | トップページ | カナリヤは歌を忘れるか »