« 原因は不摂生にあらず | トップページ | 原稿ため込み党の憂鬱 »

殺人の再演

4月27日(日)

久しぶりに、劇場に映画を見に行った。

いま最も信頼のおける映画評論家、町山智浩さんが絶賛したドキュメンタリー映画、「アクト・オブ・キリング」である!

1960年代に、インドネシアで起こった100万人規模の大虐殺を取りあげたドキュメンタリー映画なのだが、この映画の説明は、なかなか一筋縄ではいかない。

詳しくは、町山智浩さんとか、ライムスター宇多丸さんの映画評を参照のこと。

インドネシア独立の父と呼ばれるスカルノ大統領の治世下、1965年9月30日に、「急進的左派勢力」による国軍の首脳部暗殺事件が起こり、それに対して、スハルトを代表とする右派の軍部が制圧をする。いわゆる9・30事件である。

この事件をきっかけに、右派軍事勢力による、共産党関係者への大量虐殺が始まる。その数は、100万人規模ともいわれている。

これにより共産党勢力は一掃され、スカルノの求心力も失われ、スハルトに大統領の座を奪われることになる。

インドネシアでは、いまだにその虐殺をした側の勢力が、英雄として称えられているのである。

そのため、大量虐殺の実態、というのは、これまでほとんど知らされることはなかった。

それを、アメリカの監督がドキュメンタリー映画という形で明らかにしていくのだが、その手法が驚くべきものである。

実際に大量虐殺をした加害者たちに、「映画」の中で、殺人の手法を再演させる、というものである。

どうしてこんなことが可能なのか?

それは、加害者たちが、いまも国の英雄だからである。

彼らは、自分が正しいことをしていると信じているのだ。だから、嬉々として殺人を再演してみせるのである。

だがその様子は、じつに滑稽である。

憎むべき残虐行為であるはずなのに、じつに滑稽に見えるのだ。

「歴史は繰り返す。一度目は悲劇として、二度目は喜劇として」という言葉を思い出した。これって、マルクスだったっけ?ヘーゲルだったっけ?

映画の終盤になるにつれ、この映画の主人公であるアンワル・コンゴ(実際に1000人を虐殺したという「英雄」)に、ある変化があらわれる。

殺人を再演することにより、彼の心の中が、大きく揺らいでいくのである。

そして、衝撃のラスト。

彼の心の揺らぎこそが、心理学的にも、汲めど尽きぬ興味を私たちに与えてくれる。

すべての人が、絶対見るべき映画である。

森達也氏は書いている。「まるで悪夢だ。でもやがてあなたは気づく。自分はスクリーンではなくて鏡を見ているのだと」、と。

|

« 原因は不摂生にあらず | トップページ | 原稿ため込み党の憂鬱 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 原因は不摂生にあらず | トップページ | 原稿ため込み党の憂鬱 »