« バルブはなぜゆるんだのか | トップページ | 記事がつなぐ »

ハガキと電話

4月12日(土)

「世話人代表のKさん」から、ハガキが届いた。

3月末に勤務地を離れるとき、世話人代表のKさんにちゃんとした挨拶をしないままだったことが、心残りだった。

Kさんも、そういったことが苦手だったらしく、

「いままでと変わりなく」

と書いてあったのは、いかにもKさんらしい言葉だった。

ハガキの最後に、「ひとつ進言します」とあり、何かと思ったら、

お互い、客の入る企画を心がけましょう

とあったので、思わず笑ってしまった。

夜、出張先のホテルにいたら、携帯電話が鳴った。

前の勤務地の仲間たちからである。

「同い年の盟友Uさん」をはじめとする人たちが、この3月で定年退職した地元の先輩たちの送別会をしていた。もちろん私も、その先輩たちにはとてもお世話になった。

その送別会の席で、私のことが話題に出たのだろう。

入れ替わり立ち替わり、電話に出てくる人たち。

みんな、いい感じで酔っ払っているようである。

ただ、こちらの携帯電話がそうとうボロボロになっていて、音声が割れて聞き取りにくかったために、あまりちゃんとした受け答えができなかったのが申し訳なかった。携帯電話も、そろそろ替え時だな。

メールも悪くないが、ハガキとか手紙とか電話、というのは、やはり嬉しいものである。

いつも、なんでもかんでもメールですませてしまう自分を振り返り、少し反省した。

メール、で思い出したが。

以前、比較的仲のよかった人が、仕事の都合で遠く離れたところに移った。その後、半年ほどは思い出したようにたまにメールが来たりしたのだが、いまでは、まったく来なくなってしまった。

何か、きっかけでもあったのだろうかと考えてみるが、思いあたるふしはない。

私のことだから、例によって余計なことを書いたりして、気に障ったのかも知れない。

こちらからもなんとなく連絡をしづらい感じなってしまって、そのままになってしまった。

だが、縁をつくろうと思えば、またどこかでお会いできるだろう。

いままでだってそうだったんだから。

|

« バルブはなぜゆるんだのか | トップページ | 記事がつなぐ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バルブはなぜゆるんだのか | トップページ | 記事がつなぐ »