« 鼓くらべ | トップページ | お食事中の方は、ご遠慮を »

敵中突破もの

以前、歌舞伎に詳しい友人から、

「黒澤明の『虎の尾を踏む男達』の感想を教えてください」

と言われたことがあった。戦争末期の1945年に制作された作品で、歌舞伎の「勧進帳」を題材に映画化したものである。

しかし申し訳ないことに、黒澤明の初期の作品は、見たことがなかった。

そこで、見ることにした。

この映画、「強力」役の「エノケン」こと、「榎本健一」が、かなりキーマンになっている。

エノケンの芝居を見て思ったのは、

「我々の世代でいうところの、加藤茶だな」

ということである。

その表情といい、動きといい、子どものころ見ていた、ドリフターズの加藤茶である。

加藤茶こそが、エノケンの芝居を正統に受け継ぐコメディアンだったのではないか。

加藤茶は、同じドリフターズの志村けんと比較されることが多いが、志村けんはどちらかというと作家性が強く、「笑いの身体性」という面では、志村けんよりも加藤茶の方が断然面白いと、私は思うのだ。

だからドリフのコントでも、加藤茶が「ボケ」で、志村けんが「ツッコミ」にまわったコントが、格段に面白い。それはまるで、全盛期のコント55号を見ているがごとくである。

というより、二人はコント55号を意識していたに違いない。

…話が横道にそれた。

「勧進帳」の内容を簡単に書くと、頼朝と対立し、弁慶らとともに都から北陸へと逃れた義経一行が、山伏の姿で加賀国の関所にさしかかったとき、関守の富樫左衛門にその正体を見破られそうになるが、弁慶の機転で関所を通り抜けることができた、というお話。

なかでもよく知られているのは、関守の富樫に対して、自分たちが正真正銘の山伏であることを示すために、弁慶が手近にあった白紙の巻物をとりだし、これを「勧進帳」であるとして朗々と読み上げる場面である。

赤塚不二夫の告別式で、タモリが、白紙の弔辞をあたかも書いてあるかのように読み上げたことは記憶に新しいが、まさしくこれは、現代の「勧進帳」である。

…また話が横道にそれた。

黒澤明は、「敵中を突破する」という話が、好きだったのではないだろうか。

黒澤明の初期の脚本に、「敵中横断三百里」というものがあり(これは後年、森一生により映画化された)、また自身が監督した作品に、「隠し砦の三悪人」という超一級の娯楽作品がある。これらはいずれも、敵中を突破するという、ただその一点が、テーマになっている。

山本周五郎原作の小説を映画化した「椿三十郎」も、「敵中突破もの」と言えなくもない。

まぼろしの映画となってしまった「暴走機関車」は、厳密には「敵中突破もの」とはいえないが、ノンストップ暴走アクション映画という意味では、「突破もの」である。

黒澤明は、「敵中突破もの」においてこそ、たぐいまれなる娯楽性を発揮しえたのではないだろうか。

そしてその原点が、歌舞伎の「勧進帳」を映画化した「虎の尾を踏む男達」だったのではないだろうか。

…という、例によって妄想仮説。

一度は、歌舞伎の「勧進帳」をじかに見ておきたいものだ、と強く思う。

|

« 鼓くらべ | トップページ | お食事中の方は、ご遠慮を »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鼓くらべ | トップページ | お食事中の方は、ご遠慮を »