« 敵中突破もの | トップページ | 臆病者で何が悪い! »

お食事中の方は、ご遠慮を

5月15日(木)

尾籠な話で失礼。

1年でいちばん憂鬱な、健康診断の日。

前日、気がかりなことがあった。

それは、尿検査である。

前の職場では、「起き抜けの一番尿」を採取して持っていけばよかったのだが、新しい職場では健康診断会場のその場で、採尿しなければならない。

「起き抜けの一番尿」であれば、自分のペースで採尿が可能である。

だが、健康診断会場に行って、そううまいタイミングで尿が出せるか、となると、まったく自信がない。

では、「起き抜けの一番尿」をせずに、職場の健康診断会場まで我慢する、というのはどうか?

だが、起床してから家を出るまでが1時間半、家から職場までは、1時間半だとすると、じつに3時間もおしっこを我慢しなければならない。

さらなる大惨事が巻き起こることは、容易に想像できる。

ここはやはり、「起き抜けの一番尿」をすませておくべきなのだ。

しかしここでまた問題が。

前の晩からずっと、水分をとっていないのである。「起き抜けの一番尿」をすませてしまうと、しばらくは尿意をもよおさなくなるのではないだろうか?

はたして、尿意のピークを健康診断の時間にもっていくことはできるのか?そんな高度な芸当は可能なのか?

「俺の尿待ち」なんてことにならないだろうか?

そのことを考えただけで、もうかなりの心労である。

朝9時、職場に到着して、さっそく健康診断である。

受付で、「まず、胃部レントゲンを撮ってください」と言われた。

つまり、バリウムである。

最初にバリウムが来るとは思わなかった。

健康診断の最後にバリウムを飲んで、すぐに下剤を飲む、という流れを勝手に想定していたのだが、では、下剤はどのタイミングで飲むのだろう?

また悩んでしまった。

いつものようにつらいバリウムを飲んだあと、レントゲン検査が終わり、下剤とペットボトルの水を渡された。

「あのう…」私は質問した。「これは、今すぐ飲んだ方がいいんでしょうか?」

なにしろ、バリウムを早く体外に排出しないと、糞詰まりを起こして死んでしまう、と聞いたことがあるのだ。

しかし、健康診断の途中に便意をもよおす、というのも困る。一体どうしたらよいのだ?

「健康診断が全部終わってから飲んでも大丈夫ですよ。次は尿検査のところに行ってください」

私は錠剤とペットボトルを持ったまま、次の尿検査会場に向かった。

心配だった尿検査も、なんとか無事終わった。

その後もペットボトルを持ったまま、血液検査だの、問診だの、聴力検査だの、心電図だのをすませ、最後の視力検査のとき、担当の方が、私の持っていたペットボトルを見て言った。

「あれ?まだ飲んでないんですか?」

「ええ」

「早く飲んだ方がいいですよ。大変なことになりますよ」

えええええぇぇぇぇっ!!!どっちやねん!

無事すべての健康診断が終わり、下剤と水を慌てて飲み干した。

もうこの時点で、グッタリである。

これらすべての検査をふつうにクリアできた時点で、「健康」と認定してくれないかなあ。

|

« 敵中突破もの | トップページ | 臆病者で何が悪い! »

職場の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 敵中突破もの | トップページ | 臆病者で何が悪い! »