« アラフォー山本周五郎の煩悶 | トップページ | ラッキーな写メ »

ツツジの季節

5月27日(火)

夜、仕事が終わり、グッタリして電車に乗り込む。

携帯電話で、メールのチェックをしていたら、今年の3月に卒業したSさんから、メールが来ていた。

私が最後に送り出した、誇るべき学生たち。とりわけSさんは、進路の相談や卒論の相談などで、頻繁に私のところに来ていた。私は、Sさんが苦悩し、成長する姿をずっと見続けてきた。

「先生、お元気ですか?わたしは現在風邪です。こちらはまだ朝晩は冷えます。

そちらはいかがでしょうか?風邪など引いていらっしゃらないでしょうか?そちらは暑い日もあると聞きますので、熱中症にも気をつけてくださいね。

前々から先生にメールを送りたいと思っていたのですが、気付いたら5月も末になっていました。

毎日帰ってもすぐに寝る生活なので、メールをする時間の余裕も、心の余裕もありませんでした。

仕事のほうは、慣れません(笑)

持ち前の詰めの甘さで失敗ばかりで落ち込む毎日です。自分は一般常識すらないのかと半泣きの毎日です。

毎日新しいことばかりで勉強になりますが、卒論を書いていた日々が懐かしいです。

以上近況報告でした。というよりも愚痴でした。

やっぱりメールだと言いたいことの半分も言えなくてもどかしいです。絶対に会いに行きますので、よろしくお願いします。

最後に。

桜の季節はとうに終わりましたが、私のふるさとはツツジが見頃です。山の燃えるようなツツジが有名なのですが、今から山に登ることはできないので、実家の庭のツツジの写真を添えます」

1


2

不意の消息に、感激する。

励まされているのは、私のほうなのだ。

私は電車の中で、人目も憚らずに泣いた。

|

« アラフォー山本周五郎の煩悶 | トップページ | ラッキーな写メ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アラフォー山本周五郎の煩悶 | トップページ | ラッキーな写メ »