« アラ古稀 | トップページ | セルフ・エクスカーション・ノスタルジー »

アラ傘(さん)

7月17日(木)

朝から夕方までのイベントが終わり、5時半から懇親会である。

1次会が終わった後、例によってアラ古稀の先生に2次会に連れていかれ、6名ほどで昨日と同じ居酒屋に行くことになった。

この先生は、気に入ったお店を見つけると、何度も通い続ける、という習性がある。

それはまあよい。

そしてこの2次会に何と、アラ傘(さん)(アラウンド傘寿)の大御所の先生がお見えになった。

もうアラ古稀どころの話ではない。

私はあまりに大御所の先生なので最初は緊張したが、先生はじつに気さくな方で、物腰も柔らかく、またお話もとても面白い。

私のような得体の知れない若造に対しても、決して上から目線では語らない。むしろ、私たちを楽しませようと、面白いお話を聞かせてくれるのだ。

柔らかい物腰で権力者と闘う姿勢もかっこいい。

「座談の名手」とは、こういう方を言うのだろう、と、ついお話を聞き入ってしまった。

お酒も、ガンガンお飲みになる。

夜10時半、ようやく解放された。

結論。アラ傘(さん)はアラ古稀よりも元気だ。

|

« アラ古稀 | トップページ | セルフ・エクスカーション・ノスタルジー »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アラ古稀 | トップページ | セルフ・エクスカーション・ノスタルジー »