« わきまえなさい | トップページ | サザンの町 »

あざみの如く棘あれば

7月4日(金)

すっかり疲れて、何も書く気が起こらないので、自分の好きな歌について書く。

茶木みやこの「あざみの如く棘あれば」。

茶木みやこは、いわゆるシンガーソングライターだが、この曲に関しては、作詞が阿久悠である。

阿久悠は、自分のホームページで、「あまり売れなかったがなぜか愛しい歌」の1曲にあげている。

「あまり売れなかったが愛しい」っていうのがいいね。そんなこと言ったら、私の書いた本なんて、全部そうだ。

いや、売れなかったものほど、愛しいのかも知れない。

そんなことはともかく。

「あなたの赤い唇は

いつから歌を忘れたか

酔いどれ酒をそそいでも

道化ることもなくなった」

という歌詞が好きで、なんとなく、人間の悲哀を感じたものである。

「歌を忘れたカナリア」ではないが、

私の周りを見渡してみても、

人間って、あんなに歌っていた歌を、忘れてしまうことがあるんだよなあ、

などと思ったりする。

自分はそうなりたくない、と思っているが、ひょっとしたら、自分もそうなのかも知れない。

「あざみの如く棘あれば

悲しい心さらさずに

この世を生きていけようが

はかない花は罪を負う」

|

« わきまえなさい | トップページ | サザンの町 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« わきまえなさい | トップページ | サザンの町 »