« 三連休を棒にふる | トップページ | 本日休診 »

めざせ!ナイスミドル

コメント欄では、「雑誌」に関して盛り上がっているが、雑誌といえば、なんと私の本が、「オサレなナイスミドルしか読まない雑誌」のブックレビュー欄で紹介されていた!

ビックリですよ!

そのことに気がついたのがつい最近で、すでにその号は先月号ということで、本屋さんに行っても置いてなかった。

ところが今日、たまたま大きな駅の近くにある大きな書店に立ち寄ったら、その雑誌のバックナンバーが置いてあって、入手することができた。

その号の特集記事は、「自分に合ったやきものを探す」というもので、用途に合った各地のやきものを紹介したり、気鋭の陶芸家を紹介したりと、通好みの、なんとも風流な記事である。

初めてこの雑誌を買ったが、全編、オサレで埋め尽くされている。

そんな中、あの本のどこをどう読んだら、オサレなナイスミドルたちの琴線にふれるのか、よくわからない。

だが、わざわざカラーで好意的に紹介してくれた、ということは、なんぞ琴線にふれたのだろう。

…ということは…?

私もまた、ナイスミドルの素質がある、ということか???

ナイスミドルの雑誌に紹介されたのだから、もう私も、ナイスミドルの仲間入りである!

これからは、ナイスミドルの路線で行こう!

…ただ、わからないことがひとつある。

私の本が、どうやら茶道の雑誌にも紹介されたらしいのだ。

茶道とまったく関係ない本であるにもかかわらず、これまたどういうわけで紹介されたのか、天目、いや、皆目見当がつかない。

こちらの方は、入手していないので、詳しいことはわからない。

事情はどうであれ、紹介していただけるのは、嬉しい限りである。

|

« 三連休を棒にふる | トップページ | 本日休診 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

ナイスミドル~中年調理の歌~
http://www.takeyaseipan.jp/takeya_hp/chunen.html

投稿: こぶぎ製パン | 2014年7月24日 (木) 09時12分

今後予想される展開。
ナイスミドル雑誌にロングインタヴュー掲載「鬼瓦先生、やきもの美学を語り尽くす。」→DAIKANYAMA T-SITEでトークショー+サイン会→グラビア企画「鬼瓦先生の優雅な休日」(鎌倉の古刹、西荻窪の骨董屋、銀座の蕎麦屋でロケ)→対談「人生は、やきものだ!」(対談相手:小山薫堂、場所:京都・俵屋旅館)→(『薔薇族』から取材申し込みあるも、辞退する)→BS民放ナイスミドル向けトーク番組出演、サックス演奏→新刊『鬼瓦先生の気「楽」な人生論 僕とやきものとサックスのわがままな関係』ベストセラー→大手私大客員教授就任→旅行企画「鬼瓦先生と訪ねる大人の韓国〜古窯巡りと伝統グルメ』発売、大ブレイク→メンズ服飾ブランド「ONIGAWA-RA」立ち上げ
というわけで、まずは服からそろえておきましょう。

投稿: ふらりひょん | 2014年7月24日 (木) 10時34分

これはいわゆるプチ炎上なのではないでしょうか!
楽しいですね(笑)

投稿: お祭りみたいですね~ | 2014年7月24日 (木) 12時00分

やきものだけに、炎はつきもの。

投稿: 三遊亭ごぶぎ | 2014年7月24日 (木) 16時57分

こぶぎさん、うまい!

そういえば本屋さんで「なぜ一流の男の腹は出ていないのか」というタイトルの本を見つけました。

まずはそこからですな。

投稿: onigawaragonzou | 2014年7月24日 (木) 21時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三連休を棒にふる | トップページ | 本日休診 »