« 日帰り出張 | トップページ | 第九のスズキさん ~歓喜満堂~ »

へそ曲がりと好奇心

7月12日(土)

「眼福の先生」ことT先生の傘寿をお祝いする会に参加する。

洋風居酒屋を貸し切って、25名ほどの立食パーティーである。

私は数年前に「入門」したので、学生時代から先生の薫陶を受けている方々とは、ほとんど面識がない。

全員が、先生に対してスピーチをすることになったのだが、学生時代から先生の薫陶を受けている方々は、口をそろえて、「怖い先生だった」と述懐する。

たしかに、専門分野に関してはとても厳しい先生だが、私がふだん調査をご一緒しているときは、先生を「怖い」と思った印象はない。

学生時代にご指導を受けていたとしたら、たぶん怖い先生だったのだろう。

T先生が私のところに近づいてきて、おっしゃった。

「あなたと初めてお会いしたのは、いつだったっけ?」

2011年です

私の職場にお招きして、調査をお願いしたのである。

「私はもう隠居しようと思っていたのに、あの時、あなたに引っ張り出されてから、再び火がついて、それからというもの、あちこちへと調査に出かけることになった。でもそのおかげで、今もこうして健康でいられます」

たしかにそうだった。あの時がきっかけで、今に至るまで、先生は精力的に全国を駆けまわっている。

研究仲間のAさんが、先生に対するスピーチで、「T先生はへそ曲がりと好奇心のかたまりだ」と言っていたが、「へそ曲がりと好奇心」こそが、傘寿を迎えたT先生を、なお突き動かしてやまないのだ。

「年をとる、というのはいいものですよ」

参加者の前で、T先生がご挨拶されたときにおっしゃった言葉である。

「みなさんも、安心して年をとりなさい」

そのためには、いつまでも「健康」と、そして「へそ曲がりと好奇心」を維持していかなければならない。

先生のように。

|

« 日帰り出張 | トップページ | 第九のスズキさん ~歓喜満堂~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日帰り出張 | トップページ | 第九のスズキさん ~歓喜満堂~ »