« 不義理を反省する | トップページ | 暑気払い »

「型に流し込んで作る」体験イベント

7月7日(月)

うちの職場で、夏休みに向けての体験イベントを行うことになった。

Photo「型に流し込んで作る」体験イベントである。

今日はその試行の意味もあって、うちの教職員のみを対象にした「プレ体験イベント」を行うことになった。いわばリハーサルである。

「お時間のある方は、ぜひご参加ください」という一斉メールが、数日前に来た。

午後、会議もなかったので、参加することにした。

私がこの体験イベントに参加するのには、理由があった。

2カ月ほど前の「いちばん大きな会議」で、この体験イベントについて、担当者から説明があった。

その説明を聞いた私は、手を上げて意見を言った。

「もっと面白くできるのではないでしょうか」と。

入社してまだ1カ月のくせに、何とも不躾な人間である。

なぜこんな不躾なことを言ったかというと、実は、前の職場で、これとまったく同じ「体験イベント」を、中学生を対象に行ったことがあったからである

そのときの体験をもとに、発言したのである。

さらに不躾なことに、その会議が終わったあと、イベント担当の同僚に、前の職場で行った経験をふまえて、かなり具体的なアイデアを提案したのである。

新参者で、しかも担当外の人間であるにもかかわらず、まったく図々しいヤツである。ふつうだったら、煙たがられるだろうな。

ということで、この体験イベントに関して、あれこれと意見を言ってしまった手前、反省と謝罪の意味を込めて、参加することにしたのである。

午後1時半、体験イベントが行われる部屋に行くと、数名の教職員がいた。

イベント担当の同僚が、私を見るなり言った。

「アイデアを採用させていただきました」

見るとたしかに、私のアイデアが採用されていた。

いや、正確に言うと、前の職場の作業仲間たちが考えたアイデアである。

Photo_2どの部分のアイデアが採用されたのかは、見る人が見ればわかるだろう。

「プレ体験イベント」は、たいそう盛り上がった。最初は人数が少なかったが、噂を聞きつけた職員さんたちが、次々とやってきた。そして参加したみんなが、ニコニコして帰って行った。

1時半から参加した私も、あまりに夢中になってしまい、気がついたら撤収の時間となる4時まで居残り続けた。

やはりあのときの会議で発言したことは、無駄ではなかったのだ。

「聞く耳を持ってくれる人」がいるのだ。

些細なことにも聞く耳を持ってくれる人がいる、というのは、職場において、何よりも励みになることである。いや、些細なことだからこそ、なおさらである。

そして何よりも職員さんたちが楽しんだこのイベントは、きっと成功するだろう。

|

« 不義理を反省する | トップページ | 暑気払い »

職場の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 不義理を反省する | トップページ | 暑気払い »