« 続・いまさらヨン様 | トップページ | 人と会う仕事 »

かなりカオスな、ナム先生の結婚式

8月23日(土)

私の韓国語の先生の1人である、ナム先生が結婚することになった。

6月に韓国でお会いしたときに、「結婚式にはぜひ来てください」と言われ、その後、自宅に招待状まで届いた。

あとで聞いた話だが、韓国では結婚式の招待状を片っ端から送るらしい。出欠の返事を出す必要がないので、当日、何人が来るか分からないそうである。

「ぜひ来てください」というのは社交辞令だとしても、私はどうも、「親しい人のイベントには遠くからでもわざわざ駆けつける」というのが性分のようで、おりしもこの時期韓国に行く用事があったので、1日、大邱まで足をのばして、結婚式に参加することにしたのである。

相手が望むと望まないとにかかわらず、よかれと思って「親しい人のイベントに遠くからでも駆けつける」。寅さん流に言えば、「忙しい体にやりくりをつけて」駆けつけるのである。こういうときいつも思うのだが、「オレって馬鹿なお人好しだなあ」と。

ソウルから大邱までは、KTXで2時間近くかかる。新幹線で東京から仙台に行く感じである。

東大邱という駅で降りて、そこから路線バスに乗って、30分ほどかかって招待状に書かれている式場に到着する。

もはや大邱は、私にとって「東京より勝手が分かる町」なのだ。

式場に着いたのは、式が始まる10分くらい前であった。

ここから私は、日本では決して経験したことのない、驚くべき結婚式を経験することになる。

韓国の結婚式は、いわゆる儀式を行う「結婚式」と、「食事」とに分かれる。

結婚式に呼ばれた人はみな、「結婚式」と「食事」に出席するのである。

服装は、日本だと正装がふつうだが、韓国では、ややカジュアルな格好でもかまわない。

私は、ネクタイもせず、上着も着ず、半袖のYシャツで参加した。

受付でご祝儀を渡す。だいたいご祝儀の相場は5万ウォン(日本円で5000円)くらいだという。

私は、日本で買ったド派手な御祝儀袋に5万ウォンを入れて持っていった。

ちなみに韓国の御祝儀袋は、日本のような派手なものではなく、白い封筒である。

だから私の御祝儀袋だけが、異常に目立ってしまった。

さて、受付で御祝儀を渡すと、それとひきかえに「食券」をくれる。

ここが大事である。ここで食券を受け取らないと、あとで食事ができないのである。

式が始まるまでの時間、新婦と一緒に写真を撮ったりする。

2私も1枚、ナム先生と一緒に撮らせてもらった。

さて、12時、いよいよ式の開始である。

式場に入ると、ものすごい人の数である。

開始時間ギリギリに入ったため、座る椅子がなく、立ち見になった。

Photo_2先にも書いたように、招待状を片っ端から出す上に、出欠の返事をもらわないので、当日に何人来るかは、まったく分からないのである。

そこで、式場には人があふれることになる。

これもまた、韓国らしい。

新郎新婦が入場し、牧師の前に立つ。

最初に賛美歌を歌うのだが、牧師様がマイクを使って歌うので、牧師様の歌声しか聞こえない。

その後、牧師様の「講話」がはじまる。

Photo_3目の前の新郎新婦は、立ったまま、その講話を聞き続けなければならない。

牧師様の話は次第に熱が入り、30分近く話し続けた。

その間、新郎新婦は、牧師様の目の前で立ったまま、牧師様のありがたい「講話」を聞かなければならない。

「ずいぶん、話が長いですね」と、となりにいた語学院のクォン先生に言うと、

「韓国ではふつうですよ」という。

賛美歌をマイクを使って歌い、30分にわたってトークをくり広げる。

これではまるで、「牧師様のワンマンショー」ではないか!

聞いている人も飽きてきたようで、雑談がはじまる。そればかりか、途中で席を立つ人が次々とあらわれた。

私は空いた席に座ることができた。

しばらくすると、ナム先生のオンニ(姉)が、私のところにやってきた。

「これ、昨日スジョン(ナム先生の名前)がキョスニムに書いた手紙です。あとで読んでください」

「はあ」

30分ほどたってようやく牧師様の講話が終わり、「宣誓」がおこなわれたあと、ケーキカット、そして余興と続く。

日本だと、ケーキカットや余興は披露宴のさいに行われるが、韓国では、式の中で行われるのである。

Photo_4余興では、職場の同僚で親友のアン先生が歌を歌い、次いで教会の友人たちが合唱で2人を祝福した。

余興が終わり、親族や友人たちとの集合写真を撮って、式がひとまず終わる。ここまでが、約1時間である。

式が終わると今度は、隣接する食堂で、「食事」がはじまる。

食堂の前におばちゃんが立っていて、先ほど受付でもらった「食券」を回収する。食券を持っていた者だけが、食堂を利用できるのである。

食堂に入って驚いた。

Photo_5ビュッフェ形式とは聞いていたが、まるで「学食」ではないか!という感じの食堂である。

さらに驚いたのは、すでに多くの人が食事を始めている。そればかりか、もう食事を終えて帰ってしまった人もいる。

先ほどの結婚式で、飽きちゃって席を立った人たちが、早々と食堂に移動し、食事を始めていたらしいのだ。

日本の披露宴とは、似ても似つかない。

勝手に食べ始めて、食べ終わったら勝手に帰る。

当然、席は自由席で、早い者勝ちである。

これこそが、韓国の結婚式の真髄である!

話には聞いていたが、実際に体験してみると、これがじつに面白い。

来賓の挨拶も、友人のスピーチも、一切ない。

それどころか、新郎新婦じたいも、その場にはいないのだ。

(なんだ?単にオレは食事に来たのか?)

じつに新鮮な体験である。

あとで聞くと、この間、新郎新婦は伝統服に着替え、家族に挨拶する儀式を行っているのだという。

「運がよければ、新郎新婦が食堂に来るはずですよ」と、隣にいたクォン先生が言った。

食べ終わったころ、伝統的な韓服に着替えた新郎新婦が食堂にやってきて、テーブルごとに挨拶にまわるのだが、すでにこの頃になると、大部分の人が食べ終わって帰っちゃっている。残っているのは、数グループだけである。

Photo_6それでも、お色直しした新婦を見ることができたのは幸いだった。

式が終わり、KTXに乗ってソウルへとんぼ返りするため、30分ほどかけて東大邱駅に向かう。

東大邱駅のホームでKTXを待っていると、「キョスニム!」と呼ぶ声がする。

振り向くと、Tシャツ姿のナム先生夫妻だった。

あれ?ついさっきまで、伝統的な韓服を着て式場にいたのに!

何なんだ!この歌舞伎のような早替えと瞬間移動は???

この慌ただしさは、いかにも韓国人らしい。

「これからチェコへ新婚旅行なんです。早く空港に行かないといけません。キョスニム、今日はわざわざ来てくださってありがとうございました」

私と同じKTXに乗って、インチョン空港に向かうとのことだった。

2人にとっては、慌ただしい1日だっただろう。

KTXの中で、先ほどもらった手紙を開いた。

「キョスニムはいまや私たち家族の一員のようです」

とあった。

たとえていえば、親戚のおじさんが遠くからわざわざイベントに足を運んだ、というニュアンスが、一番近いのだろうと、手紙を読みながら思った。

|

« 続・いまさらヨン様 | トップページ | 人と会う仕事 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 続・いまさらヨン様 | トップページ | 人と会う仕事 »