« 続・謎のオカベさん | トップページ | 拾う神あり »

「前の職場」を訪れる

8月27日(水)

午後の会議に出席するために、「前の職場」に日帰り出張である。

4月に職場が変わってから、始めて「前の職場」を訪れる。なぜか照れくさい。

お昼少し前に着き、正門から入って、イチョウ並木を歩く。

「夏休み」とはいえ、みんな忙しく働いているらしく、オモテや廊下をムダに歩いている人はいない。みんな仕事部屋か会議室にこもっているのだろう。

とある部局に立ち寄り、作業仲間のSさんやT君と合流して、慌ただしくランチをすませる。

積もる話はあるのだが、なにしろ時間が短くて、何から話していいかわからない。

昼食が終わって、会議がはじまるまでの時間、とある場所に待機していると、職員さんがやってきた。

「先生ヒドイです!私たちに何も言わないなんて!」

今回、「前の職場」に出張することは、関係者やごくわずかな人以外、言わなかったのだ。

「どうしてわかったんです?」

「まるわかりですよ」

「???」

「先生が正門からイチョウ並木を歩いている姿が、事務室の2階の窓から一部始終、まる見えでした」

なんと!誰も見ていないと思って、イチョウ並木を油断して歩いていたら、その一部始終が2階の事務室の窓から見られていたのだ。

「私の歩いているところの一部始終を、職員のみなさんが見ていたんですか?」

「ええ。なんか、挙動不審な感じでした」

「はあ…そうでしたか…」

まるでヒッチコックの「裏窓」である。

まあ別に隠すことでもないから、いいのだが。

午後1時半から始まった会議が、3時少し前に終わり、3時からは別の打ち合わせである。

かくして2つの所用が終わり、古巣の部局をふらついて同僚と懐かしい話をしているうちに、6時になった。

(ひょっとして、軽く一杯ってことになるのかな…。あんまり遅くなると明日に差し支えるから、遅くとも最終の一本前の新幹線には乗りたいな…)

などと,、例によって自意識過剰の私はひそかに期待していたのだが、今日会った人の誰もが忙しく、それどころではなかったようで(また被害妄想がはじまった)、おとなしく退散することにした。

私も明日が早いし、結果的にはそれでよかったのだが。

会うべき人たちに一通り会えたというだけで、奇跡というべきであろう。

|

« 続・謎のオカベさん | トップページ | 拾う神あり »

旅行・地域」カテゴリの記事