« 続・散髪屋は人生だ! | トップページ | 最も苛酷な9月のはじまり »

シン・ハギュンは、市川雷蔵だ!

C48d4537_2韓国映画「高地戦」(2011年)を、DVDで見た。

日本でも公開され、評判が高かったので、劇場で見たかったのだが、その機会を逸してしまっていた。

この映画が、「朝鮮戦争映画」のまぎれもない傑作であることは言うまでもない。だがそれ以上に驚くのは、主演のシン・ハギュンである。

シン・ハギュンには失礼だが、映画「JSA」(2000年)を見たとき、シン・ハギュンがこれほど主役を張れる俳優だったとは、誰が予想しただろうか。

…いや、そう考えるのは私だけで、みんなあたりまえに予想してたのか?

いまや、韓国では押しも押されぬ実力派俳優である。

試みに、この映画で共演したコ・スと比較してみるがよい。コ・スはいわゆるいまどきの「イケメン俳優」に属するが、シン・ハギュンは、やや違う。

どちらかといえば、歌舞伎役者顔である。

そこで思いあたったのだが…。

シン・ハギュンは、市川雷蔵である!

正確に言えば、市川雷蔵的な雰囲気があるのである!

そう考えれば、彼が頭角を現してきたというのも、うなずける。

たとえば、なんでもよい。市川雷蔵が主演した、、「炎上」(原作は三島由紀夫「金閣寺」、市川崑監督、1958年)でも「破戒」(島崎藤村原作、市川崑監督、1962年)でも、「陸軍中野学校シリーズ」(1966年~)でも、たとえばこれをシン・ハギュンが演じたとしたら、と想像してみるがよい。

どれも、しっくりくるではないか!

20140830231757_61870782_4_817504437

シン・ハギュンは、市川雷蔵だ!

|

« 続・散髪屋は人生だ! | トップページ | 最も苛酷な9月のはじまり »

名優列伝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 続・散髪屋は人生だ! | トップページ | 最も苛酷な9月のはじまり »