« 喋りたおす、3日目 ~じゃんだらりん~ | トップページ | 神々の乱心 »

喋りたおす、最終日 ~歌の贈り物~

9月4日(木)

喋りたおす日、最終日。

午後の試験が終わり、一人ひとりが、答案を提出する。

なんとビックリすることに、登録者57名中、受験者は57名。つまり脱落者はゼロである。

私はそれを、1枚1枚受け取った。

ひとり、私に話しかけたそうにしている男子学生がいた。

昨日の学生主催の歓迎会に来ていた、3年生のタクロー君である。「女子力が高い男子学生」のひとりだった。

「昨日はありがとうございました」

「昨日は楽しかったねえ」と私。

「ええ。まさかピンクレディーの『サウスポー』の話題で、あんなに盛り上がるとは思いませんでした」

タクロー君は、思い出し笑いをした。

「先生はどちらからいらっしゃったんですか?」

「東京だよ」

「じゃあ、遠くからいらしたんですね…これからお帰りになるんですか?」

「うん」

「4日間ありがとうございました」

「お疲れさまでした」

タクロー君は、もう少し話したそうだったが、教室を出て行った。

続いて、昨日の歓迎会の幹事を務めた、3年生のコウヘイ君である。彼もまた、「女子力の高い男子」である。

「先生、お昼にKCKCに行かれました?」

「KCKC」とは、大学の近くにある喫茶店で、この大学の学生たちのたまり場である。「ぜひ、お昼を食べに行ってみてください」と、彼が教えてくれたのである。

「行ってきたよ」

「そうですか!アハハ。どうだったですか?よかったでしょ?」

「ランチが美味しかったね」

「それはよかったです」

「KCKC」は、コウヘイ君の行きつけのお店らしく、まるで自分の店がほめられたかのように喜んでいた。

前の職場で一緒に過ごした学生たちと、少しも変わらない。

すべての仕事が終わり、大学前の駅から私鉄で新幹線の駅に向かう。

すると「先生!」と声をかける男子学生がいた。4年生のダイキ君である。

電車に乗りながら、進路のことなど、いろいろと話をする。彼は小学校の教員をめざしているのだという。

「卒論も頑張ります」

駅で別れる。一期一会だが、今後の人生に幸あれ、である。

新幹線に乗り、今日の授業のあとに提出してもらった出席カードに目を通した。

どれも、長い感想が書かれていた。

とりわけ目を引いたのは、4年生のトモノリ君である。

最初の日に提出した出席カードで、百人一首がきっかけで和歌が好きになり、自分でも作るようになった、と書いてあった。

今度の感想には、こうあった。

「せっかくなので、自作の歌のうちの一つを書き置いておきます。数年前に作った歌です。

 永遠を夢にみせてはうたかたの心を照らす君はうそ月」

そのあとに、解説が書いてあった。

「ずっと一緒にいてくれると思っていたのに、ほんの一瞬しか夢をみせてくれなかった君は、まるでその美しい姿を一瞬しか見せてはくれないうそ月のようだ、みたいな感じの意です」

和歌のプレゼントをもらったのは初めてである。

もちろんこれは、今回わざわざ作ったものではなく、以前に作った和歌を書いてくれたものであるが。

しかしそれにしても、である。

私は「女子力の高い男子」に、どうやらモテるようだ。

|

« 喋りたおす、3日目 ~じゃんだらりん~ | トップページ | 神々の乱心 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 喋りたおす、3日目 ~じゃんだらりん~ | トップページ | 神々の乱心 »