« 最も苛酷な3泊4日 ~1枚の色紙~ | トップページ | 燃え尽き症候群 »

最も苛酷な3泊4日 ~雨のち晴れ~

10月15日(水)

朝10時、韓国のお客様6人をホテルまでお迎えにあがって、今日は1日、東京観光にご案内する。

朝から、あいにくの雨である。

どうしてこう、オモテにお連れする日に限って、雨が降るのか。まったく、私の日ごろの行いが悪いとしか思えない。

それに、一昨日のように、VIPと1日中、相合い傘では、VIPにも申し訳ないと思い、傘を買ってお渡しすることにした。

1時間半かけて、上野に到着。

ここで1時間ほど自由時間をとり、自由に見学していただくことにしたのだが、VIPが私におっしゃった。

「『○○○』という本を、手に入れたいのだが」

『○○○』というのは、日本の本である。昨日のレセプションの時に、どなたかに薦められた本らしい。

上野公園では、さすがにその本は売っていない。

「わかりました。何とか探してみます」と私。VIPは、私に書籍代を渡した。

さっそく、東京駅前の丸善に電話で聞いてみたところ、「在庫があります」という。

私は急いで、上野公園から、東京駅に向かい、丸善で、その本を購入した。

ふたたび上野公園に戻り、集合場所で、その本をVIPにお渡しした。

「おお!あったのか!ありがとう。こんどメシでもごちそうしないとな」

上野で昼食をすませたあと、午後は浅草に向かうことにした。

するとこんどは、随行員の方が

「昨日、『×××』という本を紹介されたので、手に入れたいのですが」

「わかりました。何とか探してみます」

浅草で、自由時間を1時間ほどとって、見学していただいている間、私は浅草じゅうの本屋を駆けまわり、運がいいことに、その本を見つけたのだった。

集合場所の雷門で、その本をその方にお渡しした。

「私のためにわざわざ買ってきてくださったんですか?ありがとうございます」

雨の中、東京観光は、いろいろとミスがあったが、無事に終わり、また1時間半ほどかけて、ホテルに戻った。

今日は、日本での最後の夜である。

VIPが、「鍋が食べたい」とおっしゃったので、ホテル近くの海鮮居酒屋で、海鮮鍋を食べながら、お酒を飲むことになった。

3日間もずーっと一緒にいたので、もう話題も尽きてきたのだが、VIPが、おもむろにおっしゃった。

「この間、いろいろとお骨折りしてくれた3人に、挨拶をしてもらおう」

突然のご指名である。

私は韓国語で、簡単なお礼の言葉を述べた。

同僚2人も、もちろん韓国語で同様に感謝の言葉を述べた。

すると、VIPがおっしゃった。

「君たちのいまの挨拶が、本当の開幕の挨拶だ」

私はそのお言葉に、ちょっとうるっときた。

和やかな雰囲気で1次会が終わり、例によって2次会である。

さすがにVIPはお疲れのご様子で、10時過ぎにホテルにお戻りになった。

残ったのは、私たち3人と、VIPの随行員の方おひとりの、計4人である。

私も、さすがに疲れたので、先に失礼することにし、10時40分頃に店を出て家に戻った。

10月16日(木)

昨日の雨はあがっていた。

いよいよ、VIPの帰国の日である。

出発は午前10時半だが、少し早めにホテルに到着すると、ロビーで同僚がグッタリしていた。

「どうしたんです?」

と聞くと、

「あのあと、深夜3時まで飲んでいたんです。で、結局家に帰れずに、ホテルに泊まることに…」

「そうだったんですか…」

なんと、私が帰ったあとも、若い随行員の方と、2次会が続いていたらしい。

午前10時半にホテルを出発し、11時半に空港に着いた。

チェックインの手続きを終え、いよいよお別れである。

「お疲れさん」とVIP。

「ありがとうございました」

VIPや随行員の方々と固い握手をして、お別れした。

「お疲れさまでした」

「無事終わってよかったです」

「本当によかったです」

午前11時半すぎ。私たちの疲労は極限に達し、言葉少なに、空港で解散した。(完)

|

« 最も苛酷な3泊4日 ~1枚の色紙~ | トップページ | 燃え尽き症候群 »

職場の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最も苛酷な3泊4日 ~1枚の色紙~ | トップページ | 燃え尽き症候群 »