« 会いに行く旅・その1 | トップページ | 言わずにおれるか »

会いに行く旅・その2

11月23日(日)

「今回の企画展を見に行きます」と、いち早く連絡をくれた卒業生のIさんとMさんが来てくれた。

はるばる、5時間以上をかけて、電車を乗り継いで。

午後、展示を見ながら解説をしたり、職場で企画した体験イベントに参加してもらったり。

夕方、イタリアン居酒屋でワインを飲みながら、いろいろと話をする。

私が留学中、韓国に卒業旅行に来てくれたこの学年の卒業生たちには、ことのほか思い入れがある。

3月にも、2人がわざわざ送別会を開いてくれた

あれから半年がたったが、2人の身の周りにも、少しずつ変化が訪れているようで、そうした話を聞くのは、まるで身内が成長していく姿を見ているようで、うれしい。

2人もやはり、実習旅行のことがいまでも印象に残っているらしい。

IさんもMさんも、つい最近、実習旅行で訪れた場所に再訪したのだという。

「人生に影響を与えたんですよ、あの実習旅行は」

そうだったのか。私にとっては、毎年の授業の1つにすぎなかったのだが。

やはり「実習旅行」を、もう一度実施してみたくなった。

Iさんがつくづく言う。

「行きたい場所に行く旅行ではなくて、会いたい人に会いに行く旅行ができるって、いいですよね」

今回の企画展にわざわざ来てくれた人たちに、私はどれほど救われたか、わからない。

時間を忘れて話していたら、もう数時間もたっていた。

「名残は惜しいですけれど」とIさん。「遠かったけれど、また会える、ってわかりましたから」

「じゃあまたいつか」

握手をして別れる。

改札に入っていく2人のうしろ姿を見ながら、この先もこの2人の行く先を、折にふれて見守っていくんだろうなあ、と思った。

|

« 会いに行く旅・その1 | トップページ | 言わずにおれるか »

職場の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 会いに行く旅・その1 | トップページ | 言わずにおれるか »