« リスナー第1号 | トップページ | 年賀状やめませんか »

阿部サダヲ版「泣いてたまるか」

宮藤官九郎脚本・阿部サダヲ主演の映画「なくもんか」(2009年公開)を見た。

映画の内容自体はいまひとつだったが、阿部サダヲの演技がすばらしい。

前から言っていることだが、阿部サダヲは「ポスト西田敏行」である。

若いころの、全盛期の西田敏行を彷彿とさせる演技である。

たまらなく可笑しく、たまらなく哀しい。

私の中では、渥美清、西田敏行に次ぐ、国民的俳優なのである。

そしてこの映画は阿部サダヲ版「泣いてたまるか」なのだ。

周知の通り、渥美清の若いころの代表作がドラマ「泣いてたまるか」である。

1話完結のドラマで、渥美清が、さまざまな職業の人物に扮し、孤軍奮闘する男の悲喜劇を演じた。

渥美清は、ふつうの男の、孤独や悲哀、挫折や希望などを見事に演じたのである。

そしてあまり知られていないが、西田敏行もまた、のちに同名のドラマ「泣いてたまるか」で、孤軍奮闘するさまざまな男性を演じている。

クドカンは、渥美清と西田敏行が演じた「泣いてたまるか」を、阿部サダヲにも演じさせたかったのではないだろうか。

若いころの渥美清や西田敏行を彷彿とさせる、阿部サダヲの豊かな演技が、何よりそう思わせるのだ。

|

« リスナー第1号 | トップページ | 年賀状やめませんか »

名優列伝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リスナー第1号 | トップページ | 年賀状やめませんか »