« キョスニム、教会に行く | トップページ | キョスニム、教会に行く・その2 »

ハンドベルは世界を救う!

久々に、ハンドベルの演奏を実際に見て感動した。

私はそもそも、ハンドベルの演奏が好きなのだ。

何時間見ていても、たぶん飽きない。

なぜ、それほど好きなのか?

それは、ハンドベルによる演奏が、他の演奏とはまるで違う性格のものだからである。

ピアノやギターや金管楽器や弦楽器などは、それじたいでメロディーを奏でることができる。

だが、ハンドベルは、それ一つではメロディを奏でることはできない。

ピアノやギターなどは、上手な人が目立ったりするし、ダンスも、上手な人や見た目のいい人が目立ったりする。

だが、ハンドベルにはそうした要素がほとんどない。技巧的である必要もないし、見た目もまったく関係がない。

どんなにがんばっても、自分が出せる音は、一つの音しかないのである。

その意味で、徹底的に平等な条件の下で、一人ひとりがハンドベルの音を出している。

しかも、どの音が一つ欠けても、曲としては成立しなくなる。

ベルを持った一人ひとりが、自分の音に責任を持たなければならない。

合唱のように、自分の声が埋もれてしまう、ということはないのだ。

つまりハンドベルによる演奏とは、「自分の持ち場をがんばる」「自分の役割を知る」ことの大切さを学ぶことのできる、最もふさわしい演奏法なのである。

だから私は思うのだ。

ハンドベルによる演奏こそが、あるべき社会の姿である。

ハンドベルを練習すれば、自分が社会でどんな働きをすればよいかがわかるのではないか、と。

学校の授業で「道徳」を必修にするよりも、「ハンドベル」を必修にすべきである。

|

« キョスニム、教会に行く | トップページ | キョスニム、教会に行く・その2 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キョスニム、教会に行く | トップページ | キョスニム、教会に行く・その2 »