« ズボン秘話 | トップページ | 他人の星 »

心配はいらない

1月25日(日)

今日は一日、まるでブレーカーが落ちたようにまったく体が動かず、死んだように眠っていた。

妻に勧められて、フジテレビのドラマ「問題のあるレストラン」の第1回を見た。

見ているうちに、だんだん腹が立ってきた。

真木よう子ほか、俳優の演技じたいはすばらしい。とくに私は、ショートカットの真木よう子のファンなのだ。

そんなことはどうでもよい。

私がよく言う、山田太一脚本の「高原へいらっしゃい」、市川森一脚本の「淋しいのはお前だけじゃない」の系統に連なる、「さまざまな事情をかかえた人間が、一つの目的に向かって突き進むドラマ」であるとみた。

あるレストランを舞台にした話なのだが、男性上層部の女性社員に対するセクハラやパワハラの実態を、多少誇張しながらも、あますところなく描いている。

「女性が輝く職場」などとうたいながらも、実際は、男性が管理職をしめ、女性の人権をないがしろにするような態度を平気でとっている。そこに腹が立ったのである。

「あれはドラマの世界だよ、あんな大げさなことがあったら、いまの会社は社会的信用を失って潰れるよ」

と思うかもしれないが、それは問題の本質を見誤っている。

どんな些細なレベルでも、セクハラやパワハラを受けた側は、大きな心の傷を負うのである。

その根底には、いまだにはびこる男性優位の風潮がある。

「前の職場」でも、その傾向があった。

「男女共同参画の職場」とうたっておきながら、その実、社長をはじめとする執行部は、全員男性である。

もし「男女共同参画」をうたうのであれば、まず理事に女性を入れるべきである。そのうえで、実力を競わせればよいのだ。

だが、そんな発想を持つ上層部は、誰もいなかった。

高等教育機関ですらそのレベルだから、あとは推して知るべしである。

…と、そんなことを考えたのは、卒業生たちのことが頭に浮かんだからである。

ここから先は、全然別の話。

数年前、私が指導するある4年生から、相談を受けた。

AとBと二つの会社から内定をもらったのだが、どちらにしたらよいか。

Aは、自宅から少しだけ離れているが、比較的大きな会社。

Bは、自分の住む町にある、小さい会社。

自分の住む町に愛着があるので、Bの会社も捨てがたい、という。

私は、「Aの会社がいいと思う」と答えた。

自分の住む町のために働くのもよいが、それよりも比較的大きな会社で、多くの同僚たちに揉まれながら視野を広げていく方がいいと思う、と。

その学生はAの会社に就職した。

そして最近、その卒業生に、

「職場はどう?」

と聞くと、

「いまの部署で、はじめて壁にぶつかりました」

という。

「どうして?」

「面倒な上司にあたってしまって、そのとばっちりを受けてイヤな思いをして、そのせいで仕事のやる気も失っています」

まあ、職場ではよくあることである。

「これも序の口でしょうけど、大人の世界ってヤツですね。勉強だと思ってがんばります」と言ったあと、こう付け加えた。

「でも基本的には、人に恵まれていて、いい職場です」

私は、あのときAという会社を勧めてよかったのかどうか、たまに考えることがあったが、「いい職場です」と言ってくれたことに、少し安堵したのであった。

これから先も、職場や社会では、理不尽なことが起こるかもしれない。

理不尽なことには、抗ってほしい。

…いや、私がそんな心配をせずとも、私の卒業生は、自分の道を自分で切り開くことのできる人だから、もう心配はいらないのかもしれない。

同じ志を持つ職場の仲間たちが、きっと支えてくれるだろう。

遠くから見守ろう。

|

« ズボン秘話 | トップページ | 他人の星 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ズボン秘話 | トップページ | 他人の星 »