« 最弱の足の裏 | トップページ | 甘い汁を吸う人たち »

正解してもどうということのないクイズ

2月20日(金)

足の裏がまだヒリヒリするので、見てみると、足の裏の皮がむけていた。

どんだけ足の裏が弱いんだ?

喉の痛みはだいぶひいたが、咳は相変わらず止まらない。

左足の例の痛みも、まだ少し残っている。やはり夕飯に海鮮丼を食べたのがよくなかったか。

体調が悪いと、どんどんマイナス思考になる。

ある日突然、自分の味方だった人たちに見捨てられるんじゃないか、って不安になったりする。

よかれと思って言ったり書いたりしたことが、かえって人を不快にさせたりとか。

まあ人間なんてもんは、そんな感じで後悔と反省の繰り返しなのだが。

それで人が離れていったとしても、それはそれで仕方がないのだ。

出張の空き時間や移動中に、『立川談志 まくらコレクション』(竹書房文庫)という本を読んで、大笑いした。

「まくら」とは、落語の本題に入る前のオープニングトーク。そればかりを集めて書き起こした本である。

談志師匠の人となりについては、好き嫌いに分かれるだろうから、無理にお薦めはしない。

とにかくすべてのまくらが面白すぎるのだが、一つだけ、私が読んで妙におかしかったものを紹介する。

談志が佐藤栄作首相の家に行ったときの会話が秀逸である。

「紅茶でいいかね?」

「ええ、我慢強い方ですから、何でも結構です」

「我慢強い方ですから」っていう表現がいいねえ。いちどこのフレーズを使ってみたいものだ。

読んでいるうちに、落ちこんでいる自分がバカバカしくなる。

ということで、気分を変えてこぶぎさん向けクイズです。

私はなぜ、下の写真を撮ったのでしょうか?

Photo

ついでにもうひとつクイズ。

先週私が訪れた「市内に小さな川が流れている町」と、今週私が訪れたこの町に、共通してゆかりのある昔の偉い学者とは、誰でしょう?

|

« 最弱の足の裏 | トップページ | 甘い汁を吸う人たち »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

このクイズ、ワシにはさっぱり分からん。鬼太郎、お前には分かるか?

さて、どうでしょう。僕にもさっぱり分かりませんよ、お父さん。

そうか!

どうした鬼太郎。

写真の建物への光の当たり方を見れば太陽の位置が分かるから、この場所がどこにあるか分かるかも知れません。

そうじゃな、右から光が当たっているということは、この建物は北向きだ。

違いますよ、お父さん。

じゃ、南だ。

だから違いますって。

うーん、じゃあ東だ。

お父さん、もしかして正解が分かっているんじゃないんですか。

投稿: ゲゲゲのこぶぎ | 2015年2月20日 (金) 22時06分

さすがこぶぎさん、2問とも正解です!

投稿: onigawaragonzou | 2015年2月21日 (土) 01時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最弱の足の裏 | トップページ | 甘い汁を吸う人たち »