« アラフォー山本周五郎の苦悶 | トップページ | カーナビのあるひとり旅 ~再会と再訪~ »

家族の春休み

3月27日(金)

新幹線と在来線を乗り継いで、片道4時間の出張である。

北へ向かう新幹線には、これから観光に行くという家族連れの人が多い。

とくにいまは子どもたちの春休みの時期なので、なおさらそいう時期なのだろう。

朝9時。東京駅から新幹線に乗り込む。

私が窓側の席に座っていると、上野駅から、家族の一団が乗ってきた。

全部で7人。アラフォーの女性、そしてその女性の両親と思われる老夫婦、さらにはその女性の子どもたちと思われる4人。合計7人である。

子どもたちの父親は仕事で来れないので、母親と、その両親、つまりおじいちゃんおばあちゃんとで、旅行に行くことになったのだろうと、私は想像した。

イヤな予感がしたが、案の定、私の座席の付近に立ち止まった。

私の隣の席と通路をはさんだ2列、さらに私の後ろの席の4列に、その家族が席を陣取った。

それにしてもものすごい量の荷物である。

なんなんだ、この荷物の量は?

ほどなくして、その意味がわかった。

「はい、ではこれから朝ご飯のお弁当を配りまーす」

その女性が大声で言うと、袋からひとりひとりのお弁当を取り出して、子どもたち4人に配った。手作りのお弁当である。

微笑ましいといえば微笑ましいのだが、それにしても弁当が大きい。

ひととおり配ったあと、今度は、

「では次に、おにぎりを配りまーす」

といって、子どもたちにおにぎりを2つずつ配りはじめた。

さっきの大きなお弁当は、おかずだけ入っているお弁当のようだ。

おにぎりは、ひとつが、ソフトボールくらいの大きさの、大きなおにぎりである。

「次に飲み物を配りまーす」

紙パックの牛乳を、みんなに配った。

(おにぎりに牛乳って…)

「次にデザートを配りまーす」

今度は、スーパーで買ったと思われる、いちごのパックを子どもたちに渡した。

袋から、食べ物が次々と出てくる。朝からどんだけ食べるんだ!

それだけではない。

「お昼のお弁当は、棚の上に上げておきますね-」

なんと、お昼のお弁当も作ってきたのか!!!

どんだけ弁当を作ってきたんだ???

ここでようやく、荷物が多い理由がわかったのである。

さて、その女性の両親と思われる老夫婦。

この老夫婦は老夫婦で、自分たちの分の弁当を作ってきていた。

やはり、どんだけ食べるんだ?というくらいの数のおにぎりを作ってビニール袋に入れていた。

案の定、食べるおにぎりはそのうちの1,2個である。

(食べる分量を考えて作ってこいよ!)

いちばんびっくりしたのは、大きなビニール袋の中から、レタスまるごと1個をとりだしたことである。

おもむろにレタスの葉っぱをちぎって、その場でサラダを作り始めたのである!

さらに、ドレッシングをびんごと持ってきていて、作ったサラダにかけていた。

(ここはお前らの家か!)

あっという間に私の周囲は朝ご飯のにおいに包まれた。

こうなったらもう原稿を書くどころではない。私はパソコンをとじて、カバンにしまった。

大騒ぎのうちに「朝ご飯を配る行事」が終わり、今度はその家族たちが、一心不乱に朝ご飯を食べ始めた。

大食いの私が見ても、

(朝からこんなたくさんは食えないよ)

というくらいの量である。

「お母さん、梅干し持ってこなかったの?」とその女性が、母親に聞いた。

「あら、持ってこなかったわよ」

「この炊き込みご飯で作ったおにぎり、自分で作ったんだけど、味がないのよねえ」

「お醤油ならあるわよ」

お母さんはカバンの中から、こんどは醤油のビンをとりだした。

(だからここはお前らの家か!)

しばらくして今度は後ろに座っていた子どもたちが

「お腹一杯でもう食べられない」

と駄々をこねてきた。

それはそうだろう。大食いの私だって見てるだけでお腹一杯になる量なのだ。

「じゃあおにぎりは食べずにとっておきなさい」

と、母親らしきその女性は言った。

「お昼ご飯はどうするの?」

「新幹線が11時半に着くから、向こうに着いてから食べるわよ」

私は急に心配になった。

いま、朝の9時半である。

この時間に朝ご飯をモリモリ食べるのはいいのだが、そうこうしているうちにもうすぐにお昼である。

彼らはほどなくして、また同じ量の弁当を食べるのだろうか?

大量に余ったおにぎりとレタスは、どうするのだろう?

せっかく観光地に行くのに、地元の美味しい料理を食べる機会は、あるのだろうか?

|

« アラフォー山本周五郎の苦悶 | トップページ | カーナビのあるひとり旅 ~再会と再訪~ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この家族をイメージすると、どうしても「はじめ人間ギャートルズ」の主人公一家が浮かんでしまう…

投稿: ひょん | 2015年3月28日 (土) 23時32分

まさにそう!ギャートルズの実写版、といった感じでした。

誰か私のブログを映像化してくれる人、いないでしょうかね。5分番組でいいのです。

投稿: onigawaragonzou | 2015年3月29日 (日) 17時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アラフォー山本周五郎の苦悶 | トップページ | カーナビのあるひとり旅 ~再会と再訪~ »