« ネイルモレとケサン | トップページ | 野上照代最強説 »

読むんじゃなかった!

たまに他人のツイッターなんかを見たりすると、

「ああ、見るんじゃなかった!」

と思ったりすること、あるよね。

ちょっと前、TBSラジオ「ジェーン・スー 相談は踊る」を聴いていたら、ある男性が、

「自分が今いる職場の部局は、自分と、若い女性の2人なのだが、先日、その女性のツイッターとおぼしきものを見つけてしまい、読んでみると、

『同じ部屋にいるやつがキモイ』

みたいなことを書いているのを読んでしまいました。その人は、私の悪口をたまに書いているようなのですが、私はどうしたらよいのでしょう?」

みたいな相談をしていた。

ジェーン・スーがどのように答えたのかは覚えていないが、うっかりツイッターを見つけて読んでしまったがための「事故」と考えて諦めるしかない。

自分に対する悪口もさることながら、自分がよく知る人の身内らしき人が、身内としてその人のプライベートな一面について無邪気にツイートしているのを目にしたりすると、やはり、

「ああ、読むんじゃなかった」

と思ったりする。

「そんなこと、書くんじゃねーよ!」

と言ってやりたくなりもするのだが、そんなことを指摘してしまったら、自分が読んでいることがバレてしまい、要は「天に唾を吐く」ような行為である。

結局は、そんなツイッターを読んで、勝手に不快に思っている自分に責任があるのだ。

だがもう少し、ツイッターを使う上では、リテラシーというか、そういうことが必要なのではないか、とも思う。

私自身は、そのへんが自信ないので、ツイッターをやらないのである。

そのあたりに自信がない人は、ぜひツイッターに鍵をかけてもらいたいものだ。

そうかと思えば、むかし卒業生からこんな話を聞いた。

その卒業生が入社したての頃、同じ課の同僚に、とてもステキでかっこいい男性同僚がいたという。

スマートでかっこよく、ウィットに富んでいて、優しい男性である。

その卒業生は、その男性にひそかに好意を持つようになった。

彼女にとっては、王子様みたいな存在だったんだろう。

ところがほどなくして、その同僚が転勤してしまった。

彼女は、その男性のことを思い続けて、仕事が手につかなくなるほどだった。

そしてあるとき、その男性が結婚したことを知る。

そのことを教えてくれたのは、その「王子様」のことをむかしからよく知っている、別の男性同僚だった。

「あいつ、よく結婚できたよなあ」

その言葉に、彼女は驚いた。

「どうしてです?」

「だってあいつ、むかしからわがままだし、ひねくれ者だし、気むずかしいし、とにかく厄介なやつだったんだぜ。それに…」

「それに…?」

「服の趣味がメチャクチャダサいことで有名だったんだぜ」

「ほんとうですか?」

彼女はビックリした。ふだん、仕事場でしか会ったことがないので、背広姿しか見ていなかったのだが、私服はメチャクチャダサかったのだ!

わがまま…、…ひねくれ者…、気むずかしい…、厄介なやつ…、そしてダサい私服…。

彼女は、その「王子様」がダサい私服を着ている姿を想像して、笑いがこみ上げてきた。

自分は、何も知らなかったのだ。にもかかわらず、まるで王子様であるかのような幻影を抱いてきたのだった。

この瞬間、自分を苦しめてきた幻影から解き放たれたような気がした。「その話、聞いてよかった」と、そのとき彼女は思ったという。

もし仮に、である。

彼女が、その話に対して「そんな話、聞くんじゃなかった」と思ったとしたら、どうだったろう。

いつまでも、「王子様」という幻影にとらわれ、苦しんでいたかも知れない。

しかし彼女は、「聞いてよかった」と思うことで、気が楽になったのである。

「読むんじゃなかった」「聞くんじゃなかった」と思うか、それとも「読んでよかった」「聞いてよかった」と思うかは、結局は自分次第だ、ということである。

|

« ネイルモレとケサン | トップページ | 野上照代最強説 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

例の講座の最終レポートを書き終えてネット経由で提出したが、それで終わりではなかった。

他の受講者のレポートが画面に表示されて、規定人数分の採点をしないと提出完了とならない「相互採点システム」だったのである。

やらせる方は楽だけど、やらされる方はたまったもんじゃない。

教卓のカメラを先生自ら操作しながら、ずっとご自身の顔面ドアップを放送し続ける遠隔授業など、ついこの間の話だったのに、もう時代は進歩しているのだ。

一見、これってブログ記事を書いた人同士で、相手の記事にコメントをつけあっているようなものじゃない? とか思っているよい子のみなさん。

そのコメント欄には累々と、見知らぬ人からの点数と評価理由が書き込まれてるわけですよ。

そして最後に、本文記事の筆者自身による自己採点と評価理由も書かされた上で、表に整理されて、目の前の画面に一覧表示されるんだ。

もちろん総合得点が振るわなければ落第、ブログで言えば「閉鎖」である。

ブロガー殺すにゃ 刃物はいらぬ
「要改善」の コメントつけりゃ

こんなことになったら、もうブログなんて、読まなきゃよかった、書かなきゃよかった、と思うこと然りのはずなんですけど、

なぜか、こちらの業界の間では、最先端の手法だなんて言われて、もてはやされちゃう。

近い将来、よい子のみなさんの周りにも、意外と広まっているかも知れませんよ。

むかし流行った、立方体パズルみたいな名前の評価方法を使った、相互採点システムって。

じゃ、これから本業のレポート採点でもするか。

昔ながらの「赤ペン先生システム」で。

投稿: 赤ペンこぶぎ | 2015年7月31日 (金) 18時25分

なるほど、「2001年宇宙の旅」の監督みたいな名前の相互採点システムのことですね。

初めて聞きました。

こんなシステムが、これからどんどん主流になっていくのでしょうか。

もうこの業界から離れてしまったので、これからますます浦島太郎になるなあ。

このブログも、こぶぎさんによる「要改善」のコメントで閉鎖に追いやってください(笑)。最近ブログを書くのが疲れてきたので。

投稿: onigawaragonzou | 2015年8月 1日 (土) 12時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ネイルモレとケサン | トップページ | 野上照代最強説 »