« オ・ダルス最強説 | トップページ | 死の島 »

夏休みのクイズ

次の文章を読み、私が卒業した中学校が、市内で何番目にできた中学校かを答えなさい。

-------------------------------

何度も書いているが、荒井由実の「中央フリーウェイ:」の、

「右に見える競馬場 左はビール工場」

という歌詞は、私の実家の場所を言いあてている。

まさに私は、競馬場とビール工場のあいだで育ったのだ。

もうひとつ、荒井由実の歌でビックリしたことがある。

荒井由実の「卒業写真」の2番の歌詞に、

「話しかけるように揺れる柳の下を

通った道さえ今はもう電車から見るだけ」

というのがあるが、これも、私が高校生になって体験したことである。

中学校の通学路の街路樹には、柳の木が植えられていて、私は3年間、その通学路を歩いて通っていた。

中学を卒業し、高校1年の時、自宅から最寄りの駅から私鉄に乗って、さらに国電(当時)に乗り換えて、高校まで通った。

東に向かって走ってた私鉄電車が、北へと進路を変える。

しばらくすると、私が通っていた中学校の横を通るのである。

すると、私が毎日歩いていた通学路が、電車の窓から見えた。

そんなとき、

「話しかけるように揺れる柳の下を

通った道さえ今はもう電車から見るだけ」

という歌詞を思い出したのである。

しかし、電車通学はあまりにお金と時間がかかるということで、半年ほどでやめてしまい、その後は自転車通学に切り替えた。

だから「卒業写真」の歌詞のような体験は、わずか半年のことであった。

それに今は、だいぶ景観が変わってしまって、通学路に柳の木があるかどうかはわからない。

だが私にとって、「中央フリーウェイ」と「卒業写真」は、自分の育った場所を思い起こさせるような、特別な歌なのである。

----------------------------

ではよい夏休みを。

|

« オ・ダルス最強説 | トップページ | 死の島 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

E川サイクリ~ング

左に見える矢切の渡し
右も矢切の渡し

あたりまえだ
船着き場なんだもん
向こう岸に続く

ここでクイズです。

早朝5時過ぎにスタートした夏休みの朝練サイクリング。河口の海まで往復132キロ(自己最長記録)を走り切るにかかった所要時間は、休憩を含めて何時間でしょうか?

ヒントは、鬼瓦中学の名前より1つ長い、です。

それでは、よい夏休みを。

投稿: 荒井こぶぎ | 2015年8月17日 (月) 11時49分

午後3時までかかった、ということでしょうか?

投稿: onigawaragonzou | 2015年8月18日 (火) 00時51分

正解。

高原合宿お疲れ様でした。朝練のはずが、夕方までかかってしまい、さらに日焼けしました。

ちなみに出発地から矢切の渡しまでは、Y沢-S鷹間とほぼ同じ距離でした。

関東平野が狭いのか、Y盆地が広すぎるのか。

投稿: 荒井こぶぎ | 2015年8月18日 (火) 10時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オ・ダルス最強説 | トップページ | 死の島 »