« 疲労困憊3日間 | トップページ | 申請書祭りの季節 »

短文宣言!

9月7日(月)

長い文章は読者からすると、これがえらい迷惑なことなのだそうだ。

ということを、今日、インターネットのニュースか何かを見て、初めて知った。

「500字を越えると読む気が失せる」

のだそうで、いままで長文を書いて誇っていた私は、恥ずかしくて消え入りたくなった。

これからは短い文章を心がけよう。

今日、「前の職場」の学生から、就職が内定したというメールをもらった。

その学生は、私が前の職場を離れたあとも、ごくたまに近況のメールを書いてきてくれた。

些細なことかも知れないが、こういう近況報告が、何よりも嬉しい。

つい先日、この3月に卒業した卒業生からも、この4月からはじめた自分の仕事に関係する相談のメールを送ってくれた。そのついでに、近況も書いてくれていた。

卒業生から仕事の件で相談を受ける、というのも、嬉しいことである。

自分に置きかえて考えてみると、私はお世話になった人や、親しい友人に、まったくといっていいほど自分からは近況報告を書かない。非道い人間である。

大学時代の教員のことなど、卒業したらすぐに忘れてしまうのが世の常であるのに、関係が途切れたいまでも、近況を伝えてくれたりするのは、どんな些細なことであったとしても、嬉しいものである。

たぶん本人が思っているより何倍も、教員にとっては嬉しいものである。

|

« 疲労困憊3日間 | トップページ | 申請書祭りの季節 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

飛行機事故のニュース解説で、「操縦に忙しい時は、無線での報告は後からでいい」というルールがあると聞いた。

フライファースト。

確かそんな言い方だった。

今、そういう状態。

ま、無線と違って、コメントの場合は3年くらい遅れて、こちらのブログに掲載されることになるかと思いますけど。

投稿: 短文コメントこぶぎ | 2015年9月 8日 (火) 10時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 疲労困憊3日間 | トップページ | 申請書祭りの季節 »