« タイヤがパンクしたので交換した | トップページ | カツラはあなたではない »

ワカバヤシ先生

11月3日(火)

私の中1のときの担任は、ワカバヤシ先生という、国語の先生だった。背が高く、ひょろっとして、髭の濃い先生である。中3のときも担任だった。ワカバヤシ先生は、以前に一度このブログに登場している

大学を卒業して、教員免許を取得して最初に赴任したのが、私の中学校で、しかも初めて受け持ったのが、私のクラス、1年C組だった。ワカバヤシ先生にとって、私たちは初めて受け持つ生徒たちだった。

うちの中学校は当時とても荒れていて、とんでもない中学に来たものだ、と思ったことだろう。

だが当時は、そんな様子を見せないほど、落ち着いた先生だった。

今思えば、聞き分けのない中学生たちとどう接してよいのか、試行錯誤の連続だったのだろうと思う。

自慢ではないが、私は国語の成績がとてもよかった。

ワカバヤシ先生はそれを意識してか、定期試験の問題の中で、わざと難しい問題を出すことがあった。

私も解けないような問題である。

だがあるとき、たしか中3のときだったと思う。

定期試験の答案用紙が一人一人に返された。

私の名前が呼ばれ、教壇のところに行く。

するとワカバヤシ先生が、私の答案用紙を眺めながら言った。

「お前にだけは、100点を取られたくなかった」

そう言って、私に答案用紙を渡した。

そのときの、ワカバヤシ先生の顔は、今でも忘れていない。

私は、ワカバヤシ先生の出した難問を、そのとき初めて完璧に解いたのである。

…これは、いまでも時折思い出す自慢話である。

さて今日、久しぶりに実家に帰ったら、母が言った。

「ワカバヤシ先生、九中に戻ったんだってよ」

九中、というのは、私の母校である。

ワカバヤシ先生はあちこちの中学に転勤して、定年間際になって、最初に赴任した中学校に戻ったのである。

「今でも国語を教えてるんだね」

「そうみたいよ。あんたの1級下で、いま郵便局長やってる○○さんって、覚えてる?」

「さあ」

「向こうはあんたのこと覚えてるみたいよ。その娘さんがいま、九中に通っているんだって」

「へえ」

「娘さんがいま、ワカバヤシ先生に国語を習っていてね。定期試験を受けたら、とても難しかったんだって」

「相変わらずいまでも難しい問題を出してるんだ」

「で、その娘さんがワカバヤシ先生に、『先生、先生の国語の問題、難しすぎるよ!』って、文句を言ったんだって。そうしたらワカバヤシ先生、何て言ったと思う?」

「さあ」

「『むかし、最初にこの中学に赴任したとき、鬼瓦君というのがいてな。その鬼瓦君が、この問題を完璧に解いたんだぞ』って言われたんだって」

「……」

「でもその娘さん、あんたのことなんかわからないでしょ。家に帰って、お父さんに『鬼瓦君って、誰?』って聞いたら、『お父さんの1年先輩の人だよ』って答えたんだって」

「……」

私はちょっと感動した。だって、もう32年も前の話である。

32年も前の生徒のことを、まだ覚えていてくれたんだ…。

というか、あの難しい問題は、私が解いて以来32年間、ほかの誰も正解していないのか???

ワカバヤシ先生がいまだに私の名前を覚えてくれたことに、感謝した。

ワカバヤシ先生とは、中学校を卒業して以来、一度もお会いしていない。

先生が母校の中学校にいるうちに、先生に会いに行こうか。

|

« タイヤがパンクしたので交換した | トップページ | カツラはあなたではない »

思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タイヤがパンクしたので交換した | トップページ | カツラはあなたではない »